[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

Reduce(リデュース):
ごみを減らす

Reduce(リデュース)とは

Reduce(リデュース)は、資源(しげん)のムダづかいを減らすこと。たとえば、恐竜(きょうりゅう)のおもちゃを買ったら、それをお店の人が包装(ほうそう)したり、ビニール袋(ぶくろ)に入れてくれるよね。でも、ほしいのは中身だけだから、包み紙や袋はいらない。だから、ボクたちがムダな包装を断れば、資源のムダづかいを減らすことができるんだ。

じゃあ、1つ目のR、Reduce(リデュース)の説明をするね。限りある資源を守るためには、まずはムダをなくすことが大事なんだ。ムダづかいがなくなれば、化石燃料を使う量が減って、資源を守ることにもつながるんだ。

なるほど。ムダづかいを止めたら、資源を大切にすることにもなって、みんなが使っている化石燃料を減らすことができるんだね。よくわかったよ。

キリンビバレッジの環境(かんきょう)への取り組み(リデュース編)

これでペットボトルをつくるために必要な原材料が、2009年比で約1,400トンも減らすことができるんだ。これは原油1,900キロリットルと同じなんだよ。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ