[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

Recycle(リサイクル):
ふたたび資源として利用する

Recycle(リサイクル)とは

Recycle(リサイクル)は、そのままでは 使えなくなった製品や容器などを、再び製品や容器の原材料に利用できるよう加工し、再び利用すること。Reuse(リユース)はそのままくり返し使うことだけど、Recycle (リサイクル)はそのままでは使えなくなった製品や容器を集めて、一度、原材料に戻し、それから新しいモノに生まれ変(か)わらせてるんだよ。

使えなくなった製品や容器などを、再び製品や容器の原材料に加工して再利用すれば、また資源(しげん)の節約になるよね。

Reuse(リユース)ができなくても、今度はRecycle(リサイクル)という方法があるんだね。

そうなんだ。資源は地球からもらった大切な贈(おく)り物。きちんと分別すれば、回収(かいしゅう)された製品や容器は、いろいろな方法で再利用することができるんだよ。

キリンビバレッジの環境(かんきょう)への取り組み(リサイクル編)

みんなの手で分別され、資源として集められた飲料容器は、その後、いろんなものに生まれ変わるよ。 たとえば、回収されたペットボトルは、リサイクル工場で、細かくくだかれきれいに洗浄されて、再生原料となり、科学の力で繊維(せんい)に変わる。 営業用のユニフォームは再生された繊維を使ってつくられているんだよ。また回収されたペットボトルは、みんなが使っている定規や文房具(ぶんぼうぐ)として生まれ変わることもあるよ。

リサイクルクイズ!

リサイクルクイズ!

クイズ:正しいペットボトルのリサイクルマーク
のための識別表示マークはどっち?

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ