マイページ

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

2022

大阪府/パナソニック スタジアム 吹田 2022.06.14

日本代表

0

0

0

チュニジア代表

3

0

3

前 半

後 半

大阪府/パナソニック スタジアム 吹田 2022.06.14

日本代表

0

0

0

チュニジア代表

3

0

3

前 半

後 半

チュニジアに敗戦。キリンカップ優勝を逃す

前半からゴールに迫るがネットを揺らせず

歴史と伝統に彩られる『キリンカップ』をつかむために、SAMURAI BLUE(日本代表)が熱戦を繰り広げた。『キリンカップサッカー2022』の3位決定戦と決勝が6月14日に大阪/パナソニックスタジアム吹田で行なわれ、日本は決勝でチュニジア代表と激突した。

森保監督は今月2日の『キリンチャレンジカップ2022』から、試合ごとに選手を入れ替えてきた。この日も10日のガーナ代表戦から先発を8人変更した。

GKはシュミット・ダニエル(シントトロイデンVV/ベルギー)で、最終ラインは右から長友佑都(FC東京)、板倉滉(シャルケ04/ドイツ)、吉田麻也(サンプドリア/イタリア)、伊藤洋輝(VfBシュツットガルト/ドイツ)の並びで4バックを形成する。

中盤は遠藤航(VfBシュツットガルト/ドイツ)がアンカーに入り、原口元気(1.FCウニオン・ベルリン/ドイツ)が右インサイドハーフ、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)が左インサイドハーフだ。3トップは右から伊東純也(KRCヘンク/ベルギー)、浅野拓磨(VfLボーフム/ドイツ)、南野拓実(リバプールFC/イングランド)である。いつもどおりの4-3-3のシステムで、日本はキックオフを迎えた。

キックオフ前から雨が降り続くなかで、日本は序盤から相手ゴールへ迫っていく。9分、伊藤の縦パスを受けて南野が左サイドからクロスを入れる。10分、伊東のスルーパスに反応した原口がペナルティエリア右奥に侵入し、ゴール前へクロスを通す。いずれもフィニッシュには結びつかなかったものの、相手守備陣を攻略する糸口をつかんだ。

ポゼッションをしている展開では、GKシュミットも加わってボールを循環させていく。中盤では原口と鎌田が守備ブロックの間でボールを引き出す動きを繰り返し、南野、浅野、伊東の3トップも対峙するDFと駆け引きをする。そうした動きに呼応して、吉田や板倉、遠藤が縦パスを狙う。長友と伊藤の両SBも、攻撃の局面では積極的に攻撃陣をサポートする。

27分には鎌田の直接FKからチュニジアを脅かす。ゴール前で南野がフリーになったが、右足のシュートはしっかりとボールをとらえられなかった。

30分過ぎからは、連続してチャンスを作る。35分、長友がヘディングでクリアしたボールを、伊東が右サイドからのクロスへつなげる。GKとDFラインの間を抜けていくボールに、ファーサイドの鎌田が反応する。しかしジャストミートできず、得点を奪うことはできない。38分にも伊東が右サイドを崩すが、ゴール前のクロスは浅野の目前でクリアされた。

42分には板倉の浮き球のパスを南野がコントロールし、左足のシュートでゴールネットを揺らす。しかし、オフサイドがあったとして得点は認められない。前半から相手ゴールに何度も迫ったが、0対0での折り返しとなった。


わずかなスキを突かれて失点を重ね・・・

後半開始とともに、原口と田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)が交代する。田中は原口と同じ右インサイドハーフに入り、柔軟にポジションを取りながら攻撃に関わっていく。

後半開始直後に伊藤のアーリークロスが相手守備陣を脅かし、51分には伊東のクロスに浅野が飛び込む。得点を奪うためにパワーを注いでいくが、55分に先制点を喫する。ちょっとしたズレから、PKを与えてしまったのだ。GKシュミットの懸命のセーブも届かなかった。

追いかける日本は、58分に浅野がオーバーヘッドで狙う。直後の60分には、森保監督が選手交代を告げる。浅野と鎌田がベンチに下がり、古橋亨梧(セルティック/スコットランド)、三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー)が出場する。

左ウイングに入った三笘は、すぐにドリブル突破を仕掛ける。日本はCKを獲得し、吉田がファーサイドからヘディングシュートを放つが、DFにクリアされてしまう。

森保監督は攻勢をさらに強めるべく、71分にも交代選手を送り込む。南野と伊東が退き、久保建英(RCDマジョルカ/スペイン)と堂安律(PSVアイントホーフェン/オランダ)がピッチに立つ。攻撃の基本ポジションは古橋が最前線中央で、堂安が右ウイング、三笘が左ウイングだ。久保は左インサイドハーフともトップ下とも取れるポジションを取り、遠藤と田中が攻守のバランスを計算していく。

76分、この試合ふたつ目の得点が生まれる。残念ながら、これも日本ではない。守備陣のコミュニケーションミスを突かれ、リードを広げられてしまった。

日本の勝利を願う観衆が、選手たちを拍手で後押しする。79分、直接FKを得た日本は、久保が左足で狙う。しかし、枠をとらえることはできない。

81分には堂安のパスを受け、古橋がゴール正面から右足を振る。これはDFにブロックされた。

82分、最後の交代が行なわれる。長友から山根視来(川崎フロンターレ)へのスイッチだ。

直後の83分、三笘が右サイドへ展開し、田中がゴール前へ折り返す。足を止めずに走り込んできた三笘が右足でシュートするが、相手選手にブロックされてしまった。

アディショナルタイムに入っても、日本は反撃の意思をはっきりと示す。しかし90+3分、前がかりになった背後を突かれ、3失点目を喫してしまった。直後、試合終了のホイッスルが鳴り響く。

6月2日と6日に『キリンチャレンジカップ2022』でパラグアイ代表、ブラジル代表と真剣勝負を繰り広げ、10日と14日に『キリンカップサッカー2022』でガーナ、チュニジアとタイトルを賭けて争った。強化試合4連戦は2勝2敗の成績で終えることとなったが、森保監督は招集した選手を数多く起用し、様々なシステムにもトライした。「毎回選手を入れ替えて戦うことは簡単ではありません。難しい設定のなかで、選手たちが我慢強く戦ってくれたことを評価したい」との指揮官の言葉には、納得できるところがあるはずだ。

11月開幕の国際大会へ向けては、成果を得るだけでなく課題が明らかになることも、強化のプロセスとして欠かせない。チュニジア戦の敗戦をプラス材料して、日本の強化は続いていく。

なお、日本対チュニジア戦に先駆けて行なわれた3位決定戦では、ガーナがチリをPK戦で下している。


試合データ

■6月14日 パナソニック スタジアム 吹田
日本代表[0-3]チュニジア代表

日本代表選手集合写真
  • 日本代表選手集合写真

写真提供/©JFA 2022年6月14日キリンカップサッカー2022対チュニジア代表 先発メンバー

<代表監督> 森保 一

<出場選手>

■6月14日/パナソニック スタジアム 吹田
日本代表 (0) 0
チュニジア代表 (0) 3 <モハメド・アリ・ベン・ロムダン フェルジャニ・サシ イサム・ジェバリ>
日本
GK シュミット・ダニエル
DF 長友(山根) 吉田 板倉 伊藤
MF/FW 原口(田中) 遠藤 伊東(堂安) 浅野(古橋) 南野(久保) 鎌田(三笘)
チュニジア
GK アイメン・ダーメン
DF ビレル・イファ モンタサル・オマル・タルビ アリ・エラブディ モハメド・ドレーガー(アダム・カリム・ベンラミン)
MF ユセフ・ムサクニ(ラミ・ドゥリーディ) フェルジャニ・サシ アイサ・ビラル・ライドゥニ モハメド・アリ・ベン・ロムダン(ハンニバル・メジブリ) アニス・ベン・スリマン(モハメド・フィラス・ベン・アルビ)
FW タハ・ヤシン・ケニシ(イサム・ジェバリ)

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

このページを共有する

お酒に関する情報の20歳未満の方への転送および共有はご遠慮ください。