マイページ

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

2019

長崎 / トランスコスモススタジアム長崎 2019.12.28

U-22 日本代表

9

5

4

U-22
ジャマイカ代表

0

0

0

前 半

後 半

長崎 / トランスコスモススタジアム長崎 2019.12.28

U-22 日本代表

9

5

4

U-22
ジャマイカ代表

0

0

0

前 半

後 半

前半だけで5得点! 守備もスキなし

2019年最後の代表活動となった一戦で、若き日本代表がその潜在能力を存分に見せつけた。12月28日に『キリンチャレンジカップ2019』がトランスコスモススタジアム長崎(長崎県)で行われ、U-22日本代表がU-22ジャマイカ代表を9対0で下したのである。
日本のスタメンはGKが山口瑠伊(エストレマドゥーラUD/スペイン)で、3バックの最終ラインは右から岩田智輝(大分トリニータ)、岡崎慎(FC東京)、瀬古歩夢(セレッソ大阪)が並ぶ。ダブルボランチを松本泰志(サンフレッチェ広島)と中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)が組み、右ウイングバックに長沼洋一(愛媛FC)が、左ウイングバックには東俊希(サンフレッチェ広島)が入る。2シャドーは右が旗手怜央(順天堂大)、左が安部裕葵(FCバルセロナ/スペイン)で、1トップは前田大然(CSマリティモ/ポルトガル)だ。
ゴールラッシュの幕開けは5分だった。 ゴール正面やや右の角度からの直接FKを、キャプテンマークを巻く中山が左足でねじ込んだ。16分には安部のスローインを受けて松本が左サイド深くへもぐりこみ、マイナスのクロスを旗手が右足ボレーで合わせた。 1分後には右サイドから長沼が入れたクロスを、前田が右足のワンタッチシュートでプッシュする。19分にも中山、安部、中山、東とパスをつなぎ、旗手が左足のワンタッチシュートでGKを破る。日本はあっという間にリードを4点まで広げた。
その後も選手たちは、自らのタスクを果たしつつ、のびのびと特徴を発揮していく。28分には安部がペナルティエリア内で相手のファウルを誘い、PKを獲得する。背番号10を着ける安部は自ら右足で蹴り込み、スコアは5対0となった。
攻撃が機能していくのと同時に、日本は守備でもスキを見せない。前線からの連動したプレスで、ジャマイカにビルドアップさえも許さないのだ。 GK山口の絶え間ないコーチングは、守備を引き締めていた。岩田、岡崎、瀬古が構成する3バックは高さを保ちながらビルドアップに関わり、リスクマネジメントも怠らない。前半は1本のシュートも許さずに、5対0でハーフタイムを迎えた。

攻守に未来へつながる戦いを披露した

すでに勝敗の行方は見えているが、日本は後半も勢いを持ってゲームに入っていく。51分には6点目を奪う。左サイドからの直接FKを東がゴール前へ供給すると、両チームの選手が誰も触ることなくゴール左へ吸い込まれていった。東はこのチームでプレーする初めての試合で、嬉しい初ゴールをマークした。
ここから森保監督は、積極的に選手を入れ替えていく。まず58分、安部から三笘薫(筑波大)、旗手から岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)、前田から一美和成(京都サンガF.C.)の交代が行われる。システムは3-4-2-1-から変わることなく、岩崎は右シャドー、三笘は左シャドー、一美は1トップのポジションに入る。
72分には岡崎が退き、高宇洋(レノファ山口)がピッチに立つ。高はダブルボランチの一角を務め、中山が3バック中央へポジションを下げた。背番号8を着ける高は、77分に右足でシュートを狙った。
81分にも森保監督が動く。松本がベンチへ下がり、松岡大起(サガン鳥栖)が起用される。東と鈴木冬一(湘南ベルマーレ)の入れ替えも行われた。最大6人の交代ワクを、指揮官は使い切った。
その直後だった。82分、出場したばかりの鈴木のパスを受け、瀬古が左サイドを駆け上がってゴール前へクロスを送る。走り込んでいた一美が、右足ワンタッチでズバリ押し込んだ。森保監督のもとで初めてプレーする鈴木と一美は、途中出場でしっかり結果を残した。
88分には岩崎が右サイドを切り崩し、ゴール前へのクロスを三笘が落ち着いてプッシュする。後半アディショナルタイムの90+5分には、岩崎が自ら得たPKを右足で右スミへ流し込む。チームの9点目となる一撃が決まったその直後、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
1試合9得点は、17年12月にU-21日本代表として立ち上げられて以降の最多記録だ。実に28本のシュートを浴びせ、最後までどん欲にゴールを狙った姿勢は評価される。同時に、相手にわずか1本のシュートしか許さなかった守備も、称えられるべきだろう。
試合後の森保監督は、序盤に主導権を奪われた11月の『キリンチャレンジカップ2019』、対U-22コロンビア戦を念頭に「11月の反省を活かしてアグレッシブにプレーしていましたし、チームとして足りない部分やどう連携、連動できるかに取り組んできました」と満足そうに振り返った。 そのコロンビア戦と今回のジャマイカ戦では、「BLUE PEACE DAYS平和のパスを、世界へ、未来へ HIROSHIMA・NAGASAKI」と銘打ったプロジェクトが展開された。被爆地である広島、長崎で試合が行われたことから、スポーツにできること、スポーツがあること、スポーツを楽しむことなどの意味を、考える機会と位置づけられた。
森保監督が率いるU-22日本代表は、来夏に東京で開催される国際大会をターゲットとする。指揮官は「(その国際大会は)平和の祭典でもあると思うので、世界にふたつしかない被爆都市である広島、長崎で我々の活動を行えたことは、非常に意義深いものだと思っています」と語った。
このジャマイカ戦で19年の活動を終えたチームは、20年早々にアジアの公式戦に挑む。20年からはU-23日本代表として活動していくチームは、国内外で研鑽を重ねながら本番に備えていく。

※事実関係の表記は現地で配られたパンフレット、JFA様のホームページに準じています。

試合データ

■12月28日 トランスコスモススタジアム長崎
U-22日本代表 [9-0] U-22ジャマイカ代表

日本代表選手集合写真
  • 日本代表選手集合写真

写真提供/©JFA 2019年12月28日キリンチャレンジカップ2019 対U-22ジャマイカ代表 先発メンバー

<代表監督> 森保 一

<出場選手>

■12月28日/トランスコスモススタジアム長崎
U-22日本代表 (5) 9 <中山 雄太 旗手 怜央 前田 大然 旗手 怜央 安部 裕葵 東 俊希 一美 和成 三笘 薫 岩崎 悠人>
U-22ジャマイカ代表 (0) 0
U-22日本
GK 山口
DF 岩田 中山 (Cap.) 瀬古 岡崎(高)
MF 長沼 安部(三笘) 旗手(岩崎) 東(鈴木) 松本(松岡)
FW 前田(一美)
U-22ジャマイカ
GK アキーム・チェンバース(エリック・エドワーズ)
DF アジェニー・タルボット マリエク・ハウエル キーマニ・キャンベル
MF テビン・ショー ルカ・レビー(チャバニー・ウィリス) ピーター・バッセル (Cap.)(ケボン・ランバート) マイケル・ヘブン トレイボン・リード(デシャン・ベックフォード)
FW アレックス・マーシャル(ニック・デイリー) ジャーデイン・フレッチャー(クレッグトン・チャールトン)

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

このページを共有する

お酒に関する情報の20歳未満の方への転送および共有はご遠慮ください。