[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN LEMON Trivia

キリンレモンにまつわる豆知識を集めました。
読んだら周りの人に披露したくなるかも?

  • 数十本に一本しかないレアなボトルキャップ!?

    キリンレモンのキャップには、実は数十本に一本聖獣麒麟の絵になっているキャップがあるってご存じでしたか?
    レアなキャップをぜひお店で探してみて下さい。

  • “聖獣麒麟”の正体とは?

    聖獣麒麟は紀元前から中国に伝わる伝説上の動物です。慶事の前に現れると言われ、おめでたいしるしとも考えられています。

  • KIRIN LEMON BIRTH STORY

    ペリーがあの“ラムネ”を持ち込んだ?

    1853年(嘉永6年)、黒船で来航したペリーが運んできたシュワシュワの不思議な飲み物「ラムネ」。このラムネが元になり、「レモン水」として日本でも炭酸水が頻繁に飲まれるようになりました。
    明治19年、炭酸飲料を飲めば当時流行していた伝染病コレラには感染しないという風説から、日本にラムネブームが巻き起こります。

  • キリンレモンは苦難の末生まれた!?

    本城杢三

    昭和2年、キリン初の清涼飲料水開発のために、優秀な技術開発者として本城杢三(ほんじょうもくぞう)をスカウトしました。

    レモンのさわやかさにこだわり、レモン果皮などから採った天然香料を調合。本城は他社に真似されないよう、部屋に鍵をかけて開発に明け暮れました。

    神経をすり減らすほどの苦労の末、昭和3年、キリンレモンは誕生しました。

  • 取り扱い厳重注意!秘密のレシピ

    本城氏が身を削って完成させたキリンレモンのレシピは、門外不出。選ばれし後継者のみに伝承されていく、トップシークレットでした。

    黄色じゃなくて、なんで透明なの?

    当時から、キリンレモンは「品質本位」。「絶対ニ人工着色ヲ施サズ」という信念のもと、無色透明に。世界中から集めた天然香料を使用。その透明さを見せるため、当時は珍しかった透明な瓶で販売。さらに品質保持のため、1本ずつ紙に巻いて出荷していました。

    昔はセレブの飲み物だった?

    当時の販売価格は、1本25銭。(当時、あんぱん1つ5銭、ラムネが1本2銭。)味も品質も最高の1本をつくるために妥協しない姿勢が、ここにありました。

  • キリンレモンの人気が高まったきっかけとは?

    昭和44年に起こったチクロ(人工甘味料)ショックの影響で、飲料の品質が重視されるようになると、ずっと品質本位をつらぬいてきたキリンレモンは、社会から高い評価を受け、人気を高めることになりました。

  • こだわりの品質とは?

    90年以上経った今でも、人工甘味料・着色料・保存料は不使用で、品質にこだわった商品を守り抜いています。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ