[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

酒・飲料の歴史 日本のビールの歴史 酒・飲料の歴史 日本のビールの歴史

コラム

1885年

大阪鎮台に酒保開設

日本の軍隊では、古くから兵隊のために酒保と呼ばれる売店が開かれており、そこではビールが扱われていた。1885(明治18)年、大阪鎮台の工兵第7大隊と砲兵第4連隊の営内に酒保が開設され、ビールが販売された。日本酒は1人2合までと制限があったが、ビールには制限がなかった。また、酒保にはビールのほかにワインもあり、カステラや牛肉の佃煮まで品揃えされていた。

続いて東京連隊の酒保でも、ビールが販売された。1890(明治23)年、東京・上野公園で開催された第3回内国勧業博覧会で「浅田ビール」が有功三等賞牌を受賞した際、売れ行きが急増し品切れとなったため、酒保への供給が困難になったという。浅田ビールの創始者・浅田甚右衛門(澱橋)の回顧録「麦酒製造の思ひ出」(1935年『集古』所収)には、その様子が次のように述べられている。

「新醸の出来る迄、一時注文を断る始末であったが、その時一番困ったのは、浅田ビールは従前から軍人の愛飲者が多く、各師団の聯隊酒保で販売されたのを、一時供給を欠いたのは残念であった」 ドイツの軍事制度に多くを学んだ軍人たちは、早くからビールに親しんでいる者が多かったのである。
酒保でビールを飲む兵士たち

酒保でビールを飲む兵士たち(1936年/『佐倉歩兵第五十七連隊短期現役兵在営記念写真帖』/佐倉市教育委員会 蔵)


おすすめ記事

RECOMMEND ARTICLES

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ