[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

酒・飲料の歴史 日本のビールの歴史 酒・飲料の歴史 日本のビールの歴史

コラム

1879年

醗酵社が桜田本郷町で「桜田ビール」を発売

1879(明治12)年、東京・芝の桜田本郷町(現・東京都港区)にあった醗酵社で醸造された「桜田ビール」が発売された。

醗酵社の創業者である金沢三右衛門は、日本橋にあった徳川家御用達の菓子商の家の生まれ。1875(明治8)年に新橋にビール店を開き、横浜のビール醸造所の代理店としてビール販売を行っていた。「桜田ビール」の醸造技師を務めたのはコープランドの助手・久保初太郎で、醸造用の酵母もコープランドから分けてもらったものだったという。

この「桜田ビール」は、1890(明治23)年に上野で開かれた第3回内国勧業博覧会で有功三等賞牌を受賞するなど、品質や味についても一定の評価を受けており、社名を醗酵社から桜田麦酒会社、さらに東京麦酒株式会社と変更して製造が続けられた。しかし、やがて業績は伸び悩み、1907(明治40)年に大日本麦酒に買収されて、その歴史を終えることになる。
「桜田ビール」のラベル

「桜田ビール」のラベル(丸善雄松堂株式会社 蔵)
※私的利用の域を越えた、印刷、転載などの二次利用を禁じます。


おすすめ記事

RECOMMEND ARTICLES

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ