[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

2018

試合結果 KIRIN CHALLENGE CUP 2018 大分/大分スポーツ公園総合競技場 2018年11月16日 日本代表 対 ベネズエラ代表 1:1

試合結果 KIRIN CHALLENGE CUP 2018 大分/大分スポーツ公園総合競技場 2018年11月16日 日本代表 対 ベネズエラ代表 1:1

アクシデントを乗り越えて! ベネズエラとドローゲームを演じる

10月のウルグアイ戦をベースとしたスタメンで臨むSAMURAI BLUE(日本代表)が逞しさを発揮した。
11月16日、大分スポーツ公園総合競技場(大分県)で『キリンチャレンジカップ2018』が開催され、日本代表がベネズエラ代表と激突した。
 両国の対戦は、今回が4度目となる。2010年、12年、14年に『キリンチャレンジカップ』で顔を合わせ、日本代表が1勝2分けと白星を先行させている。
 日本代表のシステムは、森保一監督の体制で軸足となっている4-2-3-1だ。スタメンは10月16日の『キリンチャレンジカップ2018』、対ウルグアイ戦を「ベースとしたもの」(森保監督)で、GKには国際Aマッチデビューとなるシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)が指名され、最終ラインは右から酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ/フランス)、冨安健洋(シントトロイデンVV/ベルギー)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)で構成される。吉田と冨安がセンターバックのコンビを組むのは初めてだ。
中盤では柴崎岳(ヘタフェCF/スペイン)と遠藤航(シントトロイデンVV/ベルギー)がダブルボランチを組む。2列目は右サイドに堂安律(FCフローニンゲン/オランダ)が、左サイドには中島翔哉(ポルティモネンセSC/ポルトガル)が入る。トップ下は南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)だ。そして、1トップは3試合連続スタメンの大迫勇也(ベルダー・ブレーメン/ドイツ)である。
 両チームを通じて最初に決定機をつかんだのは、日本代表ではなくベネズエラ代表だった。12分、相手エースストライカーがGKシュミット・ダニエルと1対1になる。柔らかなシュートが無人のゴールへ転がっていくが、冨安がゴールラインぎりぎりでクリアした。
 日本も相手ゴールへ迫っていく。26分、大迫のラストパスからフリーの堂安が右足で狙うが、惜しくもワクを逸れてしまう。
 34分には遠藤のパスから大迫が前を向き、中島へスルーパスを通す。背番号10はGKと1対1になるが、右足のシュートは相手GKに阻まれてしまった。
 それでも39分、日本代表がスコアを動かす。右サイドの直接FKを中島がゴール前へ供給すると、酒井宏樹が右足ボレーで合わせた。国際Aマッチ出場49試合目の28歳は、嬉しい代表初ゴールである。
 1対0とリードした直後の44分には、シュミット・ダニエルが正確なキックを大迫に通す。持ち味とする攻撃の起点になるプレーでも、この26歳の守護神はチームに貢献していく。

与えられた条件のなかで、チームは最善を尽くした

 後半開始とともに、日本代表は攻撃のギアをさらにあげていく。51分、柴崎から大迫、堂安とパスがつながり、足を止めずに最前線まで飛び出した柴崎が、ペナルティエリア右からシュートを放つ。52分には中島の粘り強いボール保持をきっかけに、堂安がペナルティエリア左へ侵入してフィニッシュへ持ち込む。堂安、南野、中島、大迫の攻撃のカルテットが連動性を高め、遠藤と柴崎のダブルボランチが効果的に攻撃に絡むことで、日本は試合の主導権を握った。酒井と佐々木の飛び出しも、攻撃に厚みをもたらす。
 追加点を狙っていくなかで、森保監督が動く。68分、大迫と北川航也(清水エスパルス)、中島と原口元気(ハノーファー96/ドイツ)が交代する。2列目の左サイドに入った原口は、74分に得意のドリブルで相手ゴールへ迫った。
 77分にも交代カードが切られる。堂安が下がって杉本健勇(セレッソ大阪)が、南野が退いて伊東純也(柏レイソル)がピッチに立つ。2列目は右から伊東、北川、原口の並びとなり、杉本が1トップに入る。
 その直後だった。ベネズエラにPKを与えてしまい、日本代表は1対1の同点に持ち込まれる。
 日本代表が攻めたてる。83分、柴崎の右CKを杉本がヘディングで合わせる。後半アディショナルタイムの90+1分、原口のパスから北川が左足を振り抜く。その直後には右サイドから伊東がクロスを入れ、吉田が頭で合わせてネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定で得点は認められない。試合はこのまま1対1で終了した。
 日本代表が九州で国際試合を行なうのは、15年3月の『キリンチャレンジカップ2015』以来だった。キャプテンの吉田は「久しぶりの九州の試合で勝ちたかった」と悔しさをあらわにした。
 それでも、与えられた条件のなかでチームが奮闘したのは間違いない。新体制発足後初の4連勝こそ逃したが、森保監督は「得点シーン以外にもチャンスを作れていたし、追加点を奪って勝ち切れればよかったが、相手も力のあるチームです。追いつかれて引分けたことは、チーム力を上げていくいい課題にしていきたい」と前を向いた。
 日本代表は翌日からトレーニングを再開し、20日に豊田スタジアム(愛知県)へ舞台を移してキルギス代表との『キリンチャレンジカップ2018』に臨む。

試合データ

■11月16日 大分スポーツ公園総合競技場
日本代表 [1-1] ベネズエラ代表

日本代表選手集合写真
  • 日本代表選手集合写真

写真提供/©JFA 2018年11月16日キリンチャレンジカップ2018対ベネズエラ代表 先発メンバー

<代表監督> 森保 一

<出場選手>

■11月16日/大分スポーツ公園総合競技場
 
日本代表 (1) 1 <酒井 宏樹>
ベネズエラ代表 (0) 1 <T.リンコン>
日本    
GK シュミット・ダニエル
DF 吉田 佐々木 酒井 冨安
MF 柴崎 遠藤 中島(原口) 南野(伊東) 堂安(杉本)
FW 大迫(北川)
ベネズエラ    
GK ラファエル・ロモ
DF ロベルト・ロサレス ナウエル・フェラレシ ジョン・チャンセジョル ルイス・マゴ(ベルナルド・アニョル)
MF ジャンヘル・エレラ(アリストテジェス・ロメロ) フニオル・モレノ(ヘフェルソン・サバリノ) ジョン・ムリジョ(ルイス・ゴンサレス) トマス・リンコン ダルウィン・マチス(セルヒオ・コルドバ)
FW サロモン・ロンドン(ホセフ・マルティネス)

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ