[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

サッカーライター 戸塚啓の試合詳細レポート

2014

試合結果 KIRIN CHALLENGE CUP 2014 大阪/ヤンマースタジアム長居 11月18日(火曜日) 日本代表 対 オーストラリア代表 2:1

試合結果 KIRIN CHALLENGE CUP 2014 大阪/ヤンマースタジアム長居 11月18日(火曜日) 日本代表 対 オーストラリア代表 2:1

勝利の布石は前半の戦術変更に!

 2014年最後となるSAMURAI BLUE(サッカー日本代表)の国際Aマッチが、11月18日にヤンマースタジアム長居で行われた。オーストラリア代表を迎えての『キリンチャレンジカップ2014』である。
 チームを率いるハビエル・アギーレ監督は、4日前のホンジュラス代表戦とほぼ同じ11人を先発に選んだ。システムはこれまでと同じ4-3-3が採用された。
 GKに川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)が起用され、最終ラインは右から酒井高徳(VfBシュツットガルト/ドイツ)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、森重真人(FC東京)、太田宏介(FC東京)の4人で構成される。太田が左サイドに入り、ホンジュラス代表戦で左サイドを務めた酒井が右サイドへまわったのが、前の試合からの唯一の変更だ。
 中盤は長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)がアンカーポジションに入り、香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)が右インサイドハーフを、遠藤保仁(ガンバ大阪)が左インサイドハーフに入る。遠藤と香川はポジションを流動的に入れ替えながら、攻守に関わっていく。
 3トップは岡崎慎司(1.FSVマインツ/ドイツ)が中央に構え、本田圭佑(ACミラン/イタリア)が右サイドを、武藤嘉紀(FC東京)が左サイドを担う。3トップもポジションを固定することはなく、岡崎がサイドへ流れたり、本田や武藤が中盤へ下がってボールを引き出したりする。
 ポーランド人のパベル・ギル主審の笛で動き出したゲームは、日本代表のアグレッシブな姿勢が観衆を沸かせていく。3トップと香川、遠藤らがコンビネーションを発揮し、オーストラリア代表を慌てさせる。CKやFKからもゴールに迫り、25分には本田の直接FKが相手GKを襲った。
 0対0で迎えた35分、アギーレ監督が戦術を変更する。中盤を長谷部と遠藤のダブルボランチとし、香川をトップ下へあげて4-2-3-1に修正したのだ。
 果たして、指揮官の判断は勝敗にはっきりとした影響を及ぼすことになる。


アジアのライバルに強さを見せつけた!

 後半開始とともに、アギーレ監督は遠藤と今野泰幸(ガンバ大阪)を交代させる。今野はそのまま左ボランチに入った。
 前半途中のシステム変更で勢いを増した日本代表の攻撃は、後半もオーストラリア代表を押し込んでいく。50分には香川が決定的な左足シュートを浴びせ、その直後にも岡崎のボレーが相手GKを脅かす。
 57分、アギーレ監督が2枚目の交代カードを切る。乾貴士(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)が武藤に代わって登場し、4-2-3-1の「3の左」に入る。
 交代選手の投入とともに、DFの積極的な攻撃参加も攻撃に厚みを生み出す。59分、右サイドバックの酒井が、タイミングの良いクロスで決定機を生み出した。
 スタジアムが歓喜に沸いたのは61分だ。本田の右CKがファーサイドへ流れたところを、今野がヘディングで押し込んだのだ。
 68分には追加点を奪う。右サイドから森重がドリブルで侵入し、岡崎が華麗なヒールで流し込んだのだ。
 リードを広げた日本代表は、その後も意欲的に攻め、守備のリスクマネジメントにもぬかりがない。GK川島が絶え間ない指示で守備の組織をコントロールすれば、吉田と森重は相手FWから確実に自由を奪う。太田と酒井はタイミング良く攻撃に関わり、長谷部は攻守のバランスを整えた。77分から途中出場した豊田陽平(サガン鳥栖)も、最前線で存在感を示している。
 終盤に1点を失ったものの、日本代表は2対1で勝利をつかんだ。来年1月に控えるアジアの国際大会に向けて、2014年最後の試合で内容と結果を両立させたのだった。

試合データ

■11月18日 ヤンマースタジアム長居
日本代表 [2-1] オーストラリア代表

日本代表選手集合写真 説明イラスト  1) GK 川島 永嗣
 2) DF 吉田 麻也
 3) DF 森重 真人
 4) FW 武藤 嘉紀
 5) DF 太田 宏介
 6) FW 本田 圭佑
 7) MF 長谷部 誠
 8) MF 遠藤 保仁
 9) FW 岡崎 慎司
10) DF 酒井 高徳
11) MF 香川 真司
  • 日本代表選手集合写真
  • 説明イラスト
  •  1) GK 川島 永嗣
     2) DF 吉田 麻也
     3) DF 森重 真人
     4) FW 武藤 嘉紀
     5) DF 太田 宏介
     6) FW 本田 圭佑
     7) MF 長谷部 誠
     8) MF 遠藤 保仁
     9) FW 岡崎 慎司
    10) DF 酒井 高徳
    11) MF 香川 真司

写真提供/©Jリーグフォト

<代表監督> ハビエル・アギーレ

<出場選手>

■11月18日/ヤンマースタジアム長居
 
日本代表 (0) 2 <今野 泰幸 岡崎 慎司>
オーストラリア代表 (0) 1 <ティム・ケーヒル>
日本    
GK 川島
DF 酒井 森重 太田 吉田
MF 遠藤(今野) 香川 長谷部
FW 本田 岡崎(豊田) 武藤(乾)
オーストラリア    
GK マット・ライアン
DF イバン・フラニッチ  アジズ・ベヒッチ  トレント・セインズブリー  アレックス・ウィルキンソン
MF マシュー・レッキー  ミレ・イェディナク  マット・マッカイ(ティム・ケーヒル)
FW ロビー・クルーズ(アーロン・ムーイ)  ジェームズ・トロイージ(マーク・ブレシアーノ)  マッシモ・ルオンゴ(ミッチ・ニコルズ)

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ