[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

サッカーライター 戸塚啓の試合詳細レポート

2014

試合結果 KIRIN CHALLENGE CUP 2014 北海道/札幌ドーム 2014年9月5日(金曜日) 日本代表 対 ウルグアイ代表 0:2

試合結果 KIRIN CHALLENGE CUP 2014 北海道/札幌ドーム 2014年9月5日(金曜日) 日本代表 対 ウルグアイ代表 0:2

就任第1戦で垣間見えたアギーレ新監督の「色」

 メキシコ人のハビエル・アギーレ新監督を迎えたSAMURAI BLUE(サッカー日本代表)が、新たな冒険の第一歩を踏み出した。9月5日に『キリンチャレンジカップ2014』が北海道/札幌ドームで開催され、日本代表はウルグアイ代表と激突したのである。
 日本が札幌ドームでゲームを行うのは、2012年8月の『キリンチャレンジカップ』で、ベネズエラ代表と対戦して以来だ。また、ウルグアイとは前年8月の『キリンチャレンジカップ』で顔を合わせ、2対4で敗れている。日本にとってはリベンジを誓う一戦である。
 GKには川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)が入り、最終ラインは右から酒井宏樹(ハノーファー96/ドイツ)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、坂井達弥(サガン鳥栖)、長友佑都(インテル・ミラノ/イタリア)の4人で構成される。代表初選出の坂井は、いきなりスタートリストに名を連ねた。
 中盤は3人が逆三角形の配置に並ぶ。アンカーポジションにはDF登録の森重真人(FC東京)が入り、右インサイドハーフは細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)、左インサイドハーフは田中順也(スポルティング/ポルトガル)が起用された。今夏に海外移籍した田中は、2012年2月のアイスランド戦以来の国際Aマッチだ。
 3トップは右に本田圭佑(ACミラン/イタリア)、中央に皆川佑介(サンフレッチェ広島)、左に岡崎慎司(1.FSVマインツ/ドイツ)が入る。186センチの長身を誇る皆川は、坂井と同じように初代表初スタメンだ。本田はキャプテンマークを巻く。
 選手の配置からすると4-3-3のシステムになるが、森重が最終ラインへ下がり、酒井と長友が高い位置を取って3-4-3のようにもなる。柔軟性に富んだスタイルだ。


世界的強豪と互角の攻防を繰り広げる!

 韓国のキム・サンウ主審の笛で動き出した試合は、日本がボール支配率で上回る展開で進んでいく。5分、左サイドからゴールに迫った岡崎が、立て続けに2本のシュートを放つ。ベンチ入りの11人を含めて最多の国際Aマッチ出場となる岡崎の積極性は、試合の主導権を握るきっかけとなっただろう。
 札幌ドームの観衆が、大きく沸いたのは17分だ。左サイドからのクロスを、皆川がヘディングで合わせる。ゴール正面からフリーで放たれた一撃は、惜しくもバーを越えていった。27分には本田のパスを受けた田中が、得意の左足からミドルシュートを浴びせる。
 この試合最初のスコアが刻まれたのは、34分だった。最終ラインでボールを失い、カバニにゴールを奪われてしまった。
 ビハインドを背負った日本だが、攻撃的な姿勢に変わりはない。その後は決定的なシーンを作り出せなかったものの、ウルグアイにも好機を与えず0対1でハーフタイムを迎えた。
 後半開始から10分ほどが過ぎた58分、アギーレ監督が動く。皆川に代えて武藤嘉紀(FC東京)が投入されたのだ。システムは4-3-3のままで、武藤が3トップの左サイドに入り、岡崎が3トップ中央へスライドする。現役大学生の武藤は、国際Aマッチ初出場である。
「4-3-3がベースになるが、柔軟性を持って戦っていきたい」と話すアギーレ監督の戦略が、具体的に表れたのは65分だ。本田が最前線へポジションを上げて2トップとなり、2列目は右に武藤、左に田中が入る。森重と細貝がダブルボランチを組み、4-4-2へシステムが変更されたのだ。
 76分に田中から柿谷曜一朗(FCバーゼル1893/スイス)へ交代しても、ピッチ上に混乱はない。87分に酒井宏と酒井高徳(VfBシュツットガルト/ドイツ)が、89分に森重と森岡亮太(ヴィッセル神戸)が交代しても、チームの機能性は保たれていた。日本代表デビューとなった森岡は、短い出場時間で彼らしいスルーパスを通している。
 70分に2点目を喫していた日本が、相手ゴールへ鋭く迫ったのは88分だ。武藤のシュートが左ポストを直撃したのだ。
 強豪に0対2で敗れたものの、試合後のアギーレ監督に失望感はなかった。結果について問われると、「(失点につながった)こちらのふたつのミスと、ウルグアイの経験が違いを生んだと思う」と分析した。さらに続けて、「日本は非常に若いチームで、今日は4人がデビューした。こういう結果になったが、私は満足している部分も感じている」と話した。
新監督の初陣にふさわしい新鮮な風が吹き抜け、生まれ変わったSAMURAI BLUEは確かな第一歩を踏み出したのである。

試合データ

■9月5日 札幌ドーム
日本代表 [0-2] ウルグアイ代表

日本代表選手集合写真 説明イラスト  1) FW 皆川 佑介
 2) GK 川島 永嗣
 3) DF 吉田 麻也
 4) DF 森重 真人
 5) DF 坂井 達弥
 6) FW 本田 圭佑
 7) DF 酒井 宏樹
 8) MF 細貝 萌
 9) MF 田中 順也
10) DF 長友 佑都
11) FW 岡崎 慎司
  • 日本代表選手集合写真
  • 説明イラスト
  •  1) FW 皆川 佑介
     2) GK 川島 永嗣
     3) DF 吉田 麻也
     4) DF 森重 真人
     5) DF 坂井 達弥
     6) FW 本田 圭佑
     7) DF 酒井 宏樹
     8) MF 細貝 萌
     9) MF 田中 順也
    10) DF 長友 佑都
    11) FW 岡崎 慎司

写真提供/©Jリーグフォト

<代表監督> ハビエル・アギーレ

<出場選手>

■9月5日/札幌ドーム
 
日本代表 (0) 0
ウルグアイ代表 (1) 1 <エディンソン・カバニ アベル・エルナンデス>
日本    
GK 川島
DF 長友 森重(森岡) 坂井 酒井 宏(酒井 高) 吉田
MF 田中(柿谷) 細貝
FW 本田 岡崎 皆川(武藤)
ウルグアイ    
GK フェルナンド・ムスレラ
DF ホセ・マリア・ヒメネス  ディエゴ・ゴディン  マキシミリアノ・ペレイラ(マティアス・アギーレガライ)  マティアス・コルホ(アルバロ・ゴンサレス)  マルティン・カセレス(カミロ・マジャダ)
MF クリスティアン・ロドリゲス(アルバロ・ペレイラ)  ニコラス・ロデイロ  エヒディオ・アレバロ・リオス
FW ディエゴ・ロラン(アベル・エルナンデス)  エディンソン・カバニ(クリスティアン・ストゥアニ)

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ