[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

2013

KIRIN CHALLENGE CUP 2013 試合結果 5/30(Thu) 豊田スタジアム(愛知県) 日本代表 0-2 ブルガリア代表

今季初戦に海外組が集結!

 およそ2か月ぶりとなるSAMURAI BLUE(日本代表)の国際Aマッチが、5月30日に開催された。2013年に入って2度目の『キリンチャレンジカップ2013』が豊田スタジアム(愛知県)で開催され、ブルガリア代表を迎え撃ったのだ。
 きわめて重要な一戦である。
 アルベルト・ザッケローニ監督が指揮する日本は、6月4日にオーストラリア代表との公式戦を控えている。3月のヨルダン戦を最後に活動のなかったチームにとって、今回の『キリンチャレンジカップ2013』はチームのコンセプトを再確認し、来る決戦へ向けた士気を高める意味を持つ。
 4万1千人を超える観衆が詰めかけた一戦は、思いがけない展開で動き出した。3分、ブルガリアの直接FKが日本のゴールネットを揺らしたのだ。無回転で軌道の予測のつかない“ブレ球”には、不動の守護神・川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)も反応するが精いっぱいだっただろう。降雨のコンディションも、GKのプレーを難しくしたはずだ。
 いきなりのビハインドを背負った日本だが、冷静かつアグレッシブにゲームを運んでいく。この日のシステムは、公式戦ではおよそ1年半ぶりとなる3-4-3だ。
 GKは川島で、3バックは右から吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、栗原勇蔵(横浜F・マリノス)、今野泰幸(ガンバ大阪)が構成する。ダブルボランチは遠藤保仁(ガンバ大阪)と長谷部誠(VfLヴォルフスブルク/ドイツ)のコンビで、両ワイドは右が内田篤人(FCシャルケ04/ドイツ)、左が駒野友一(ジュビロ磐田)だ。
 3トップは右に乾貴士(フランクフルト/ドイツ)、左に香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)が入り、中央に前田遼一(ジュビロ磐田)が構える。選手たちはポジションごとの役割を果たし、そのうえで自らの個性を発揮していった。
 最初のチャンスは10分だった。左CKを遠藤が乾へ短くつなぎ、二人のパス交換から乾がゴール前へクロスを供給する。DFに跳ね返されたボールを、吉田がオーバーヘッドで狙った。こぼれ球に反応した長谷部も、右足でシュートを放った。
 24分には流麗なパスワークを見せる。敵陣右サイドに張り出した内田が、中央へパスを通す。左サイドから流れた香川がヒールで後方へつなぐと、前田がボールを収める。ボールはさらに遠藤へつながれ、遠藤から乾へスルーパスが通る。惜しくもオフサイドとなったが、崩しのイメージが共有されたシーンだ。
 日本の攻勢は続く。26分、香川と乾のコンビで左サイドから崩し、駒野が強烈な右足シュートで相手ゴールを脅かす。30分には香川が魅せた。乾のパスを受けてスルリと回転し、DFのマークを外して右足を振り抜く。強烈な一撃が、相手GKを襲った。
 香川の正確なボールタッチは、33分にも相手守備陣を混乱させた。遠藤の縦パスをペナルティエリア内で受けると、ワンタッチでピタリとボールを収める。懸命に帰陣した相手DFに阻止されたものの、遠藤と香川のコンビネーションが観衆の興奮を誘った。

慣れ親しんだシステムで輝きを増す!

 0-1で迎えた後半から、日本はシステムを4-2-3-1へ変更する。選手も4人が入れ替わり、最終ラインは右から酒井宏樹(ハノーファー96/ドイツ)、栗原、今野、長友佑都(インテル・ミラノ/イタリア)の4人で形成する。ダブルボランチは遠藤と長谷部のままで、2列目は右から清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)、香川、乾の3人だ。1トップはハーフナー・マイク(SBVフィテッセ/オランダ)である。
 52分、ペナルティエリア内でパスを受けた香川が、巧みなステップワークからゴールへ迫る。55分、香川とのパス交換から、清武が左足ミドルを浴びせる。57分、右サイドのFKから今野、酒井がシュートを放つ67分、清武の右CKから、栗原が空中戦で競り勝つ。慣れ親しんだシステムは、選手たちを輝かせていく。得点の予感が高まっていた。
 ところが70分、日本陣内左サイドからのFKから、オウンゴールを喫してしまう。
 直前に投入されていた中村憲剛(川崎フロンターレ)をトップ下に配する布陣で、日本は反撃を試みる。76分、ハーフナー・マイクのヘディングシュートが、際どくバーを越えていく。
 80分に長谷部に代わって細貝萌(バイエル・レバークーゼン/ドイツ)が投入される。フレッシュな選手の登場が、中盤を活性化させる。終了間際にもハーフナー・マイクや中村が相手GKを脅かしたが、得点をあげられないまま0対2で終了のホイッスルを聞いた。
 試合後のザッケローニ監督は、「本当に残念なのは、来場してくれた多くのサポーターの期待に応えられなかったことだ」と悔しさを滲ませたが、「この試合はオーストラリア戦と、(11日の)イラク戦へ向けたテストの場だった」とも語った。さらに、「我々は多くのチャンスを作り、招いているピンチの数は少なかったと思う」と付け加え、試合内容に一定の評価を与えた。
 遠藤もこう話している。経験豊富な彼の言葉は、チーム全体のメンタリティと言ってもいいだろう。
「(失点につながった)セットプレー以外は、そんなに崩されていない。敗戦を引きずるのが一番良くないので、気持ちを切りかえて、いいときのイメージを持ってやっていきたい」
 オプションの精度を高めた前半も、ベースとなるシステムで主導権を握った後半も、実りある時間だったのは間違いない。
「良い状態に仕上げれば、選手たちはやってくれる」と、ザッケローニ監督は言う。成果と課題を整理し、日本は6月4日の決戦へ臨む。

試合データ

■5月30日 豊田スタジアム
日本代表 [0-2] ブルガリア代表

日本代表選手集合写真 説明イラスト  1) GK 川島 永嗣
 2) DF 吉田 麻也
 3) DF 栗原 勇蔵
 4) FW 前田 遼一
 5) DF 今野 泰幸
 6) MF 遠藤 保仁
 7) MF 長谷部 誠
 8) DF 内田 篤人
 9) FW 乾 貴士
10) DF 駒野 友一
11) FW 香川 真司
  • 日本代表選手集合写真
  • 説明イラスト
  •  1) GK 川島 永嗣
     2) DF 吉田 麻也
     3) DF 栗原 勇蔵
     4) FW 前田 遼一
     5) DF 今野 泰幸
     6) MF 遠藤 保仁
     7) MF 長谷部 誠
     8) DF 内田 篤人
     9) FW 乾 貴士
    10) DF 駒野 友一
    11) FW 香川 真司

写真提供/©Jリーグフォト

<代表監督> アルベルト ザッケローニ

<出場選手>

■5月30日/豊田スタジアム
 
日本代表 (0) 0
ブルガリア代表 (1) 2 <スタニスラフ・マノレフ オウンゴール>
日本    
GK 川島
DF 駒野(長友) 内田(酒井宏) 今野 吉田(清武)
MF 遠藤 長谷部(細貝)
FW 香川 前田(ハーフナー・マイク) 乾(中村)
ブルガリア    
GK ブラディスラフ・ストヤノフ
DF スタニスラフ・マノレフ(ヨルダン・フリストフ)  ヨルダン・ミネフ  ラドスラフ・ディミトロフ  イバン・イバノフ  イリヤ・ミラノフ(アレクサンデル・アレクサンドロフ)
MF ブラディミル・ガジェフ(フリスト・ズラティンスキ)  スベトスラフ・ディアコフ  ゲオルギ・イリエフ(・ルセフ)(ステファン・ベレフ)
FW スパス・デレフ(イリアン・ミカンスキ)  イベリン・ポポフ(ゲオルギ・ミラノフ)

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ