[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

2012

KIRIN CHALLENGE CUP 2012 試合結果 9/6(Thu) 東北電力ビッグスワンスタジアム(新潟県)日本代表 1-0 アラブ首長国連邦代表

決戦への重要なシミュレーション!

 日本代表が臨戦態勢を整えた。アラブ首長国連邦(UAE)を招いた『キリンチャレンジカップ2012』が9月6日に行なわれ、アルベルト・ザッケローニ監督率いるSAMURAI BLUE(日本代表)は1対0の勝利を収めた。
 今回の『キリンチャレンジカップ』は、新潟県の東北電力ビッグスワンスタジアムが舞台となった。ザッケローニ監督のチームが新潟に登場するのは、昨年6月の『キリンカップサッカー2011』以来2度目となる。8月の『キリンチャレンジカップ』に続いて観戦チケットは前売りで完売となり、42,020人の大観衆でスタジアムが膨れ上がった。
 2014 FIFAワールドカップ ブラジル アジア最終予選のイラク戦を5日後に控える日本にとっては、重要なシミュレーションの機会だ。UAEは同最終予選進出を逃したものの、若年層の大会で成果をあげてきた将来性豊かなチームである。プレースタイルもイラクと似通ったところがあり、この試合を通して現在のチーム状況を整理できる。
 オープニングシュートは2分、日本が記録した。清武弘嗣(FCニュルンベルク/ドイツ)のスルーパスを、ペナルティエリア内右へ走り込んだ香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)がヒールパスでつなぐ。走り込んだ本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)の右足ダイレクトシュートが、きわどくバーをかすめていった。4-2-3-1の2列目を任された3人が、いきなり流麗なパスワークを見せたシーンである。
 20分にはフレッシュな戦力がアピールする。国際Aマッチ初スタメンを飾った酒井宏樹(ハノーバー96/ドイツ)のクロスから、6試合ぶり先発のハーフナー・マイク(SBVフィテッセ/オランダ)が右足ボレーを浴びせた。ボール支配率で上回る日本は、UAEのゴールに絶え間なく迫っていく。
 34分には左サイドを突破されるが、相手MFの強烈な一撃はGK川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)が冷静にストップする。川島を含めたディフェンス陣は、高い集中力で相手攻撃陣に対応していた。
 前半終了間際の45分には、ビッグチャンスが訪れた。酒井のダイレクトクロスから、ハーフナーが得意のヘディングシュートでゴールを襲う。惜しくもGKに弾かれたものの、得点の予感を漂わせながら前半を終了した。
 ハーフタイムを挟んで、ザッケローニ監督が動く。左センターバックの伊野波雅彦(ヴィッセル神戸)に代えて、水本裕貴(サンフレッチェ広島)を起用するのだ。最終ラインは右から酒井、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、水本、駒野友一(ジュビロ磐田)の並びとなる。
 また、長谷部誠(VfLヴォルフスブルク/ドイツ)もベンチへ下がり、細貝萌(バイヤー・レバークーゼン/ドイツ)が遠藤保仁(ガンバ大阪)とダブルボランチを組む。香川も前半だけで退き、2列目の左サイドに岡崎慎司(VfBシュツットガルト/ドイツ)が入った。1トップは前半同様にハーフナーである。

ハーフナーのヘッドが炸裂!

 後半も主導権を握ったのは日本だ。52分、遠藤のパスを受けた本田がドリブルで持ち込み、ペナルティエリア外から強烈な左足シュートを見舞う。62分にはそれまでパスの出し手となってきた遠藤が、相手GKを脅かす右足ミドルを放った。
 64分、ザッケローニ監督は本田を下げて中村憲剛(川崎フロンターレ)を投入する。トップ下でタクトをふるう31歳のベテランが、本田とは違う個性で攻撃を活性化していく。
 待望のゴールは、69分に生まれた。中村のパスを受けた駒野が、ゴール前へクロスを供給する。DFはクリアできない。GKも触れない。絶妙なクロスは、ハーフナーのためにあった。
 194センチの長身が躍動する。その瞬間、スタジアムが沸騰した。ハーフナーが昨年10月のタジキスタン戦以来となる得点をあげ、日本がリードを奪ったのだ。
 その後も日本は攻撃の手を緩めない。78分には岡崎が巧みなステップでDFをかわし、決定的なシュートを放った。
 直後の79分、酒井宏樹に代わって酒井高徳(VfBシュツットガルト/ドイツ)が出場する。酒井高徳は左サイドバックに入り、駒野が右サイドへスライドした。終盤の87分には遠藤が退き、高橋秀人(FC東京)がピッチに立った。
 「結果よりも重要な項目だったのが、選手のコンディションがどのようなところにあるのか、ということだった。試合を終えて私自身は満足しているし、サポーターの皆さんもフレッシュなメンバーが出たことで、喜んでくれていると思う」 試合後のザッケローニ監督はこう語り、自信に満ちた表情を浮かべた。
 2014年のブラジルへ近づく過程では、『キリンチャレンジカップ』が重要な通過点となってきた。今回もまた、チームは確かな自信をつかんだに違いない。

試合データ

■9月6日 東北電力ビッグスワンスタジアム
日本代表 [1-0] アラブ首長国連邦(UAE)代表

日本代表選手集合写真 説明イラスト  1) GK 川島 永嗣
 2) DF 吉田 麻也
 3) DF 伊野波 雅彦
 4) DF 酒井 宏樹
 5) FW ハーフナー・マイク
 6) MF 本田 圭佑
 7) MF 長谷部 誠
 8) MF 遠藤 保仁
 9) DF 駒野 友一
10) FW 清武 弘嗣
11) FW 香川 真司
  • 日本代表選手集合写真
  • 説明イラスト
  •  1) GK 川島 永嗣
     2) DF 吉田 麻也
     3) DF 伊野波 雅彦
     4) DF 酒井 宏樹
     5) FW ハーフナー・マイク
     6) MF 本田 圭佑
     7) MF 長谷部 誠
     8) MF 遠藤 保仁
     9) DF 駒野 友一
    10) FW 清武 弘嗣
    11) FW 香川 真司

写真提供/©Jリーグフォト

<代表監督> アルベルト ザッケローニ

<出場選手>

■9月6日/東北電力ビッグスワンスタジアム
 
日本代表 (0) 1 <ハーフナー・マイク>
アラブ首長国連邦代表 (0) 0
日本    
GK 川島
DF 伊野波(水本) 駒野 酒井宏樹(酒井高徳) 吉田
MF 本田(中村) 遠藤(高橋) 長谷部(細貝)
FW 清武 香川(岡崎) ハーフナー・マイク
アラブ首長国連邦    
GK アリ・ハセイフ
DF アブドゥルアジズ・フサイン  ハムダン・アルカマリ  モハメド・アハマド  オマル・アブドゥルラフマン  ワリド・アッバス(ユーセフ・ジャベル)
MF アメル・アブドゥルラフマン(ハビブ・ファルダン・アブドゥラ)  ハミス・イスマイール  ラシェド・エイサ(イスマイル・アルハンマディ)
FW アハメド・ハリル(サイード・アルカシーリ)  アリ・アハメド・マブフート

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ