[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

2012

KIRIN CHALLENGE CUP 2012 試合結果 7/11(Wed) 国立競技場(東京都) 日本女子代表 3-0 オーストラリア女子代表

国立のピッチが“なでしこ色”に染まった!

 なでしこジャパン(日本女子代表)にとって今年3度目となる『キリンチャレンジカップ2012』が、7月11日に国立競技場で開催された。
 4月の『キリンチャレンジカップ2012』では、アメリカと1対1で引き分け、ブラジルに4対1で快勝している。今回もファン・サポーターの期待は大きく、平日にも関わらず続々と観衆が詰めかけた。

 まだ日差しの照りつける17時10分にキックオフされたゲームは、キックオフとともになでしこジャパンが主導権を握る。3分、右サイドバック近賀ゆかり(INAC神戸レオネッサ)の縦パスに、2トップの一角を担う大儀見優季(1.FFCトリビューネ・ポツダム/ドイツ)が反応する。最終ラインの背後へ抜け出し、ダイレクトで右足シュートを放つ。この一撃はGKに阻まれたが、ここからなでしこジャパンの攻撃にエンジンがかかっていく。
 8分、巧みなステップで右サイドを突破した川澄奈穂美(INAC神戸レオネッサ)のクロスに、宮間あや(岡山湯郷Belle)が飛び込む。12分、宮間の右CKを大儀見が頭で合わせる。日本のリズミカルなパスワークがオーストラリアを翻弄し、国立競技場が得点の予感に満ちていく。
 先制点は25分に生まれた。宮間の左ショートコーナーを川澄が受けると、ペナルティエリア内で相手DFに倒される。すぐに主審はホイッスルを吹く。PKだ。キッカーの宮間は、右足インサイドで冷静にGKの逆を突いた。
 1対0とリードしたことで、なでしこジャパンの勢いは加速していく。32分、敵陣からのフォアチェックでボールを奪った川澄が、そのまま持ち込んで右足を振り抜く。相手GKを襲った一撃が、右CKにつながる。
 宮間が供給した右CKは、岩清水梓(日テレ・ベレーザ)がヘディングシュートを浴びせた。4月の『キリンチャレンジカップ2012』をケガで欠場したセンターバックの岩清水は、5試合ぶりの国際Aマッチ出場だ。
 なでしこジャパンの絶え間ない攻撃は、前半ロスタイムの追加点へとつながった。45+1分、近賀の見事なクロスを、大儀見がスライディングシュートでプッシュする。「あの形になったら、あそこへ入れば点になると思っていた」と本人が話したように、狙いどおりの追加点である。

3得点奪取で夢舞台への弾みに!

 ハーフタイムを挟んで、佐々木則夫監督は3人の控え選手を投入する。GK福元美穂(岡山湯郷Belle)が退き、海堀あゆみ(INAC神戸レオネッサ)がゴールマウスに立つ。ケガ明けの岩清水に代わって矢野喬子(浦和レッズレディース)が起用され、安藤梢(FCR2001デュイスブルク/ドイツ)から大野忍(INAC神戸レオネッサ)へスイッチされた。
 これに伴い、最終ラインは左から鮫島彩(ベガルタ仙台レディース)、矢野、熊谷紗希(1.FFCフランクフルト/ドイツ)、近賀の並びとなった。澤穂希(INAC神戸レオネッサ)と阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)のダブルボランチは変わらず、2列目の右に大野、左に宮間が入る。大儀見と2トップを組んでいた安藤に代わり、前半はサイドでプレーした川澄が前線へポジションを移した。
 選手が入れ替わっても、チームのクオリティが低下することはない。なでしこジャパンは後半も、ゲームのイニシアチブを掌握する。
 勝利を決定づける3点目は、58分に生まれた。宮間の左CKがゴール前に混戦を誘い、ファーサイドの熊谷を経由したボールが澤へわたる。チーム最年長の33歳は、右足ボレーで鮮やかにネットを揺らした。
 国際Aマッチでの得点は、昨年7月17日のアメリカ戦以来、ほぼ1年ぶりだ。「久しぶりなので嬉しかった。みんなが集まってきてくれたのも良かったです」と、試合後の澤は爽やかな笑みを浮かべた。
 直後の59分、その澤に代わって田中明日菜(INAC神戸レオネッサ)が起用される。『キリンチャレンジカップ2012』では6人まで交代選手が認められているため、佐々木監督はその後も積極的に選手を入れ替えていく。72分には丸山桂里奈(スペランツァFC大阪高槻)、76分には髙瀬愛実(INAC神戸レオネッサ)が投入され、攻撃を活性化した。
 オーストラリア女子代表に15本のシュートを浴びせたなでしこジャパンは、攻守にスキのない内容で3対0と快勝した。佐々木監督は「オーストラリアは一人ひとりの質が高い。試合のイニシアチブが取れたのは良かったと思います」と語り、チームのパフォーマンスに及第点を与えた。
 およそ2週間後に迫った“世界との遭遇”へ向け、なでしこジャパンは順調な仕上がりを印象づけた。4年越しの夢舞台が、なでしこジャパンを待っている。

試合データ

■7月11日 国立競技場
日本女子代表 [3-0] オーストラリア女子代表

日本女子代表選手集合写真 説明イラスト  1) MF 澤 穂希
 2) FW 安藤 梢
 3) DF 熊谷 紗希
 4) MF 阪口 夢穂
 5) GK 福元 美穂
 6) FW 大儀見 優季
 7) MF 宮間 あや
 8) DF 近賀 ゆかり
 9) MF 川澄 奈穂美
10) DF 鮫島 彩
11) DF 岩清水 梓
  • 日本女子代表選手集合写真
  • 説明イラスト
  •  1) MF 澤 穂希
     2) FW 安藤 梢
     3) DF 熊谷 紗希
     4) MF 阪口 夢穂
     5) GK 福元 美穂
     6) FW 大儀見 優季
     7) MF 宮間 あや
     8) DF 近賀 ゆかり
     9) MF 川澄 奈穂美
    10) DF 鮫島 彩
    11) DF 岩清水 梓

写真提供/©Jリーグフォト

<代表監督> 佐々木 則夫

<出場選手>

■7月11日/国立競技場
日本女子代表 (2) 3 <宮間あや 大儀見優季 澤穂希>
オーストラリア女子代表 (0) 0
日本    
GK 福元(海堀)
DF 近賀 岩清水(矢野) 鮫島 熊谷
MF 澤(田中) 宮間(髙瀬) 川澄 阪口
FW 安藤(大野) 大儀見(丸山)
オーストラリア    
GK メリッサ・バービエリ
DF ダニエレ・ブロガン ステファニー・カトリー セア・スレッチャー(ローラ・アレウェイ) サーベト・ウズンラー
MF タメカ・バット(サラ・ウォルシュ) ケートリン・フォード(テイゲン・アレン) アランナ・ケネディ(カトリナ・ゴリー)
FW アシュリー・ブラウン(ブルック・スペンス) キャスリン・ギル(エミリー・ギールニク)

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ