[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

2003

キリンチャレンジカップ2003
5月21日 U-22日本代表×U-22ニュージーランド代表

 文句なしの快勝だった。

 5月21日、U-22ニュージーランド代表を迎えた<キリンチャレンジカップ2003>で、U-22日本代表は華麗なゴールラッシュを演じたのである。5月上旬のアテネ五輪アジア地区2次予選を突破したチームにとって、この試合は「最終予選に向けた再スタート」(山本昌邦監督)だった。Jリーグの合間を縫って召集された25名の選手は、与えられた時間のなかで積極的に自己アピールをしていく。それが、チームの勝利につながった。

 この試合では、U-20日本代表から抜擢されたGK川島永嗣が、初めてスタメンに名を連ねた。また、二次予選では出場機会のなかった池田昇平が、3バックの一角で起用された。守備陣にメンバー変更はあったものの、すでにチームとしてのベースが出来上がっている日本に、ぎこちなさは感じられない。序盤から試合の主導権を握ったのも必然だった。

 開始5分、左サイドのスペースへ走り込んだ鈴木啓太のラストパスに、中山悟志が反応する。左足でコースを変えたシュートは、GKがわずかに触ってCKとなった。11分、今度は大久保嘉人だ。石川直宏のパスを受け、ゴール正面でDFをかわしてフィニッシュに持ち込む。右足から放たれたシュートが、わずかにバーを越えていく。3分後、右サイドを突破した松井大輔のセンタリングを、ファーサイドに走り込みながら大久保が頭で合わせる。直後の15分、青木剛のタテパスから松井が抜け出し、左サイドから決定的なシュートを撃つ。いずれも得点には至らなかったが、ニュージーランドの最終ラインはすでに決壊寸前まで追い込まれている。スピーディーで意外性に飛んだ日本のボール回しに翻弄され、ニュージーランドは持ち味である競り合いの強さをほとんど発揮できない。

 もはや時間の問題だった先制ゴールは、37分に生まれた。青木−鈴木−松井とつなぎ、ボールは左サイドの根本裕一へ。狙いすましたラストパスを、中山がヘディングで突き刺した。日本はさらにたたみかける。40分、中山の突破が左サイドで相手の反則を誘う。キッカーは阿部勇樹だ。21分にバー直撃のFKを蹴っていた彼は、ファーポスト際へ絶妙なクロスを供給する。ここに大久保が走り込んでいた。GKの背後を突き、ヘディングで2点目をゲットしたのだ。

 後半開始とともに、山本監督は4人の選手を交代させた。同時に3バックから4バックに変更する。「最終予選を見据えた」テストである。フォーメーションが変わっても、日本の勢いは衰えない。50分、後半から出場の森崎浩司が、豪快な左足ミドルを突き刺してリードを3点に広げる。山本監督はその後も4人の交代選手を出場させ、選手個々の経験値アップに努めた。そのなかで結果を残したのが、右ひざじん帯断裂の大ケガを克服した山瀬功治だ。58分に石川と代わって出場した山瀬は、83分にチームの同僚・田中達也のアシストから4点目を決めた。「日の丸を背負って、このメンバーとともに戦えたことが嬉しかった」という復帰弾は、勝利を確信させるダメ押しゴールとなった。

 77分に退くまでキャプテンマークを巻いた鈴木は、「ボールを奪いにいくタイミングを、チームとしてはっきりして戦うことができた」と振り返った。ニュージーランドに許した決定機はわずかに1度で、シュートも5本しか打たせていないのだから、彼のコメントもうなずける。「これだけお客さんが入っているなかでプレーするのは始めて。サッカー選手として気持ち良かったです」78分までプレーし、デビュー戦を無失点で切り抜けたGK川島は、試合後にこう言って笑顔を見せた。この日の神戸ウイングスタジアムには、16,380人の観衆が集まった。彼らの力強いサポートもまた、日本の勝利の要因と言っていいだろう。

 コスタリカ戦と二次予選の反省を生かした見事な勝利には、山本監督も「全体の底上げに意味のある試合となった」と高い評価を与えた。しかし、「勝ったからといって満足してしまうと、そこでもう終わってしまう」という松井の言葉どおり、選手たちはどこまで貪欲だ。<キリンチャレンジカップ2003>で世界を相手に戦うことで、選手たちはさらなるレベルアップを目ざしていくことだろう。

[文: 戸塚啓]

試合データ

■5月21日 神戸ウイングスタジアム
U-22日本代表 [4ー0] U-22ニュージーランド代表

日本代表選手集合写真 説明イラスト  1) GK 川島永嗣
 2) MF 阿部勇樹
 3) FW 中山悟志
 4) DF 池田昇平
 5) DF 三田光
 6) MF 松井大輔
 7) FW 大久保嘉人
 8) MF 石川直宏
 9) MF 根本裕一
10) DF 青木剛
11) MF 鈴木啓太
  • 日本代表選手集合写真
  • 説明イラスト
  •  1) GK 川島永嗣
     2) MF 阿部勇樹
     3) FW 中山悟志
     4) DF 池田昇平
     5) DF 三田光
     6) MF 松井大輔
     7) FW 大久保嘉人
     8) MF 石川直宏
     9) MF 根本裕一
    10) DF 青木剛
    11) MF 鈴木啓太

写真提供/(c)Jリーグフォト

<U-22代表監督> 山本昌邦

<出場選手>

■5月21日/神戸ウイングスタジアム
U-22日本代表 (2) 4 <中山><大久保><森崎浩><山瀬>
U-22ニュージーランド代表 (0) 0
日本    
GK 川島(岩丸)
DF 池田 青木 三田
MF 阿部(森崎和) 鈴木(北本) 石川(山瀬) 松井(森崎浩) 
根本(徳永)
FW 大久保(田中) 中山(矢野)
ニュージーランド    
GK モス(ハイフィールド)
DF プーナ ロクヘッド オールド ハウ(ザウ)(ウィルソン)
MF ターナー(イマン) クリスティ(フィールド)
FW バートス(T・ブラウン) ジョーンズ(コプリヴチッチ) 
ダンカン(J・ブラウン) プリチェット

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

<パンフレット>

試合パンフレット

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ