[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

1988

キリンカップサッカー88
5月29日〜6月7日 日本代表 中国代表 バイヤー04レバークーゼン(西ドイツ) フラメンゴ(ブラジル)

「神様」の来日 —若手抜擢の横山日本、前途多難の出航

 88年大会は、日本代表、中国代表、ドイツの名門・レバークーゼン、スーパースター・ジーコを擁するフラメンゴの4チームが出場した。日本代表は87年のソウル五輪アジア最終予選で敗れ、石井義信監督が辞任。68年メキシコ五輪で日本が銅メダルの快挙を達成した際のGK横山謙三氏が代表監督に就任し、この大会が国内初お目見えとなった。
  加藤久、都並敏史らベテランを外し、井原正巳、柱谷哲二、吉田光範ら後の日本代表につながる若手選手を抜擢。今までの日本が取ったことのない3−5−2システムを採用し、ウイングバックを起点に攻める“近代サッカー”を実践しようと試みた。しかしジーコを軸に、彼とレアンドロの周囲に20歳前後の若手を配した編成で臨んできたフラメンゴに初戦で1−3と完敗。続く中国代表戦を0−3で落とし、レバークーゼンにも0−1で敗れ、3連敗で最下位 のまま終了。横山ジャパンも前途多難の船出となってしまった。
  決勝にはフラメンゴと、UEFAカップで優勝したばかりのレバークーゼンが進出した。レバークーゼンは、かつてフラメンゴでジーコのチームメイトだったチッタ(ブラジル)をはじめ、ブンツォル(ポーランド)、車範根(韓国)ら国際色豊かな選手を揃えたが、ジーコのヘディングシュートでのゴールを守ったフラメンゴが1ー0の勝利。国立競技場に集まった大観衆から喝采を受けた。

試合データ

■5月29日 国立
日本代表 [1ー3] フラメンゴ

■6月2日 名古屋・瑞穂陸
日本代表 [0ー3] 中国

■6月5日 大宮
日本代表 [0ー1] レバークーゼン

日本代表選手集合写真

写真提供/フォート・キシモト

<順位表>

順 位 レバークーゼン フラメンゴ 中国代表 日本代表 勝点 得点 失点
1 レバークーゼン △1-1 ○2-0 ○1-0 2 1 0 5 4 1
2 フラメンゴ △1-1 △1-1 ○3-1 1 2 0 4 5 3
3 中国代表 ●0-2 △1-1 ○3-0 1 1 1 3 4 3
4 日本代表 ●0-1 ●1-3 ●0-3 0 0 3 0 1 7

*勝利の勝ち点は「2」

<代表監督> 横山謙三

<出場選手>

■5月29日/高松・生島
レバークーゼン (1) 2 <ゲッツ、ファルケンマイヤー>
中国代表 (0) 0
レバークーゼン    
GK フォルボーン
DF ヒンターバーガー ブンツォル ゼックラー デカイザー
MF チッタ ゲッツ フォルケンマイヤー ラインハルト(トイバー)
FW 車範根 バース
中国    
GK 孔国賢
DF 朱波 高升 郭億軍 麦超
MF 張小文 唐堯東 段挙 謝育新
FW 馬林 王宝山(李輝)
■5月29日/国立
フラメンゴ (1) 3 <ジーコ、パウロ・セザール デラシール>
日本代表 (0) 1 <吉田>
フラメンゴ    
GK カンタレリ
DF バウミール(ゴンサルベス) エジーニョ レアンドロ パウロ・セザール
MF デラシール ジェルソン ジーコ ジウマール
FW マルシオ パロマ(コズメ)
日本    
GK 森下
DF 梶野 佐野 信藤
MF 井原 堀池 浅岡(森) 平川 水沼
FW 原(前田治) 吉田
■6月1日/京都・西京極
フラメンゴ (1) 1 <エジーニョ>
レバークーゼン (1) 1 <車範根>
フラメンゴ    
GK カンタレリ
DF バウミール エジーニョ レアンドロ パウロ・セザール
MF デラシール ジェルソン ジウマール ジーコ
FW パロマ マルシオ
レバークーゼン    
GK ドレハー
DF ヒンターバーガー ゼックラー ブンツォル デカイザー(ツァンター)
MF チッタ ゲッツ ファルケンマイヤー ラインハルト
FW 車範根 バース
■6月2日/名古屋・瑞穂陸
中国代表 (3) 3 <王宝山、高升、馬林>
日本代表 (0) 0
中国    
GK 孔国賢
DF 朱波 高升 郭億軍 麦超
MF 張小文 唐堯東 段挙 謝育新(李輝)
FW 馬林(雀建廷) 王宝山
日本    
GK 松井
DF 梶野 佐野 井原
MF 平川 佐々木 水沼 柱谷哲(原) 森(浅岡)
FW 吉田 前田
■6月5日/鹿児島・鴨池陸
中国代表 (0) 1 <馬林>
フラメンゴ (1) 1 <ジェルソン>
中国    
GK 孔国賢
DF 朱波 高升 郭億軍(王軍) 麦超
MF 張小文 段挙 唐堯東 (崔光日) 謝育新
FW 馬林 王宝山
フラメンゴ    
GK カンタレリ
DF バウミール レアンドロ ゴンサルベス パウロ・セザール
MF ジェルソン(ジェシマール) ジウマール デラシール ジーコ
FW マルシオ パロマ(ゼ・リカルド)
■6月5日/埼玉・大宮県営
レバークーゼン (0) 1 <ハウスマン>
日本代表 (0) 0
レバークーゼン    
GK ドレハー
DF ヒンターバーガー デカイザー ブンツォル ラインハルト(ボレンベルク)
MF ゲッツ(ツァンター) ファルケンマイヤー ハウスマン トイバー
FW 車範根 バース
日本    
GK 森下
DF 信藤 井原 佐野 梶野
MF 平川 浅岡(草木) 名取 堀池
FW 水沼 原

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

<決勝>

■6月7日/国立
フラメンゴ (0) 1 <ジーコ>
レバークーゼン (0) 0
フラメンゴ    
GK カンタレリ
DF バウミール レアンドロ ゴンサルベス パウロ・セザール
MF デラシール ジウマール ジェルソン ジーコ(ジェシマール)
FW パロマ(ゼ・リカルド) マルシオ
レバークーゼン    
GK フォルボーン
DF ラインハルト ブンツォル デカイザー ツァンター
MF ゲッツ フォルケンマイヤー ヒンターバーガー
FW 車範根 トイバー バース

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ