[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

わたしの街に、「乾杯」をもっと。

働くスタッフの声

量販店様担当 エキスパートマーチャンダイザー 契約社員の枠にとらわれず、意欲次第で能動的に働けるのがキリンのMDの醍醐味。

現場からアクションを起こし会社を動かせる風通しの良さ

仕事イメージEMDとして現在15店の量販店様を担当。月2回の出社日以外は1日4〜5店のペースで得意先を訪問し、売場作りやブランディング活動、毎週のように登場する新商品のご案内、及び発注促進などを行っています。そして自らの得意先以外でも、時に後輩MDやMCの皆さんと同行しながら、エリアの枠にとらわれず主要チェーンのお酒売場全体を盛り上げる役割も果たしています。

お得意先と当社の本部同士が取り決めた計画や施策を、個々の現場で具体化するのが私たちの使命ですが、与えられた業務をルーティンでこなすだけでなく、各店を取り巻く環境や顧客層に合わせて中身をアレンジしたり、現場からアクションを起こして本部側を動かせる風通しの良さがあります。こうして契約社員の枠にとらわれず、自分の意欲次第で能動的に関われるのが、当社で働く一番の醍醐味ですね。そして自らの想いを反映した売場で、お客様がキリンの商品を手に取ってくださる場面に数多く立会えることも、大きなやりがいとなっています。

「お店が何を求めているのか」を考え行動することが大切

インタビューイメージ前職は不動産業界の営業職でしたが、以前に飲食業界で店長の経験もあったので応募しました。入社への強い動機づけとなったのが、キャリアアップの仕組みが整っていること。現在はEMDとして働いていますが、次のステップとしてのサブマネージャーや、狭き門ながら正社員への登用制度もあるため、「可能性がある限りはチャレンジしよう」という前向きな気持ちで取り組んでいます。

日々の業務で強く心がけているのが、自社商品をどう売るかだけではなく、「お店が何を求めているのか?」を第一に考えること。高齢者が多い区域なら「シルバー層に刺さる売場の在り方」をお店の担当者と共に考えたり、店長とのコミュニケーションを密にして互いの距離を縮め、心の通った提案ができるよう努めています。そして提案に際しては上司や先輩からの助言はもちろん、全国のMD仲間の成功事例がPCで検索できるので、仕事のたびにヒントが得られて視野も広がります。

自ら行動計画を立て一人で動くスタイルが基本ですが、困った時は誰かが支えてくれるし、何かあればメールや電話で頻繁に相談できるので、不安を感じることもありません。いろんな職歴や目的意識を持つ方が集まっている会社なので、ぜひ気軽に応募してください。

量販店様担当 マーチャンダイジングクルー 時間が自由に使えるうえに、いろいろな人に出会えることが主婦にとっては魅力。

自分なりの工夫が販売に結びつくと、本当にやりがいを感じる

仕事イメージスーパーやドラッグストアなど13件の量販店様を担当。月1〜2回の会議日以外は自宅からの直行直帰が基本で、有休を含めて月に15、6日程度勤務しています。担当するお店を定期的に訪問し、キリン製品のPRやお酒売場全体の売上アップにつながる提案を行うのがマーチャンダイジングクルー(MC)の主な仕事。日々の行動予定や勤務時間を自分で調整できるので、子供が熱を出したり急用ができた時でも、うまく時間を調整して働けるのがありがたいですね。

キリンからは毎週のように、様々な新製品や期間限定品などが発売されているので、それらを各店の客層や地域の特性に合わせて売場で目立たせ、一本でも多く手に取って頂くことが大切になります。取扱う品目が多く、それぞれの商品知識や特長を頭に入れるのはとても大変ですが、並べ方や飾りつけなどのちょっとした工夫が販売に結びついた時は、本当にやりがいを感じます。売場作りの最中に「おいしそうな商品が出たのね〜」などと話しかけられ、お客様と会話が弾んだりするのも楽しいですね。

主婦の経験と感性が活かせるから、ずっと続けたい

インタビューイメージ量販担当のMCになってよかったと思うのは、日頃の主婦の経験と感性が最大限活かせることですね。スーパーやディスカウントストアは、主婦にとってのワンダーランド。自分自身もふだんから買物をしている場所なので、「あの商品はここに置いた方が売れるかも」とか、「こんな風に勧められたらつい買いたくなるはず」などと、主婦目線であれこれ試しながら仕事をしています。お店との信頼関係が築けると、「好きに売場を作っていいよ」と言って頂けることもあるので、そういう点もすごくやりがいがあります。

軽い気持ちで応募したのがきっかけでしたが、研修もしっかりしていたので、特に不安もなくスタートできました。現場で困ったことがあっても、会社に連絡すればすぐに誰かが相談に乗ってくれます。一緒に問題を解決するために考えてくれる仲間がいるというのは、非常に心強いですよね。この仕事をしていると、いろいろな人に出会う機会が多いので、会うたびに自分の引き出しが増えていく感じがします。時間が自由に使えて、いろいろな人に会えるのでこの先もずっと続けていきたいですね。

料飲店様担当 エキスパートマーチャンダイザー 行動のほとんどを自分の裁量で決められるから、上手くいった時のやりがいは一際大きい。

顧客との接点を増やす多彩な仕組みに支えられ安心して働ける

仕事イメージ東京・中野でキリンの生ビールを取り扱う約300店の料飲店様を担当。現在はEMDとして後輩の指導役も兼務しているため100店を担当しています。ディスペンサーの診断と洗浄指導、及び品質管理のご提案を半年に1度実施するほか、定期訪問して商品のご提案や店内でのポスター掲示、POPの設置などのブランディング活動を行うのが主な仕事です。月に21日ある稼動日のうち、週に1度は打合せや販促ツールの補充目的でオフィスに出勤しますが、その他の4日は直行直帰。朝9時から夜6時までの間に、多い日は1日約10店舗近くを回っています。お店の都合で夜7時や8時の訪問になるときは、始業を1〜2時間遅らせることもできます。

いつ、どの店を、どういう目的で何軒訪問するかも含め、ほとんどの行動計画を自分の裁量で決められるので、仕事に優先順位をつけていかに効率良く動くかを考える難しさはありますが、そこが上手くいけばやりがいは大きいですね。それに新商品・期間限定品のご案内や、時季ごとのポスターの貼り替え、コンテスト企画、お役立ち情報が載った冊子のお届けなど、料飲店様との接点を増やす機会や仕組みを会社がいろいろ用意してくれているので、とても心強いです。

目標を持ってまじめに素直に取り組める人なら大丈夫

インタビューイメージ以前は車のディーラーやシステム会社で営業をやっていましたが、新規開拓よりサポート営業の方が向いていると思い、この仕事に応募しました。研修ではディスペンサーのメンテナンス方法や機械の仕組みを教わり、複数の先輩社員とのOJTを通じて現場での動き方を肌で学びました。約1ヶ月が過ぎ独り立ちした後も、たまに先輩が同行してアドバイスをくれたり、困った時は電話一本ですぐにサポートを得られたので、ほとんど不安は感じなかったですね。

そもそもMDの訪問先はキリン生ビールの取扱店様ばかり。その点も安心感があります。最初のうちは機械の扱いに加え、どのお店に何時頃入るのが望ましいか、駐車場はどこが一番近いかなど覚えることが多くて大変でしたが、半年も経てば慣れましたし、お店の方と親しく話す機会も増えて仕事が楽しくなりました。それぞれのお店のコンセプトに適う商品をお勧めしたり、店主の想いに応える提案をするのは簡単ではありませんが、そこを乗り越えればお店との信頼関係が構築でき、自分のカラーを出せるようになります。

現在私はEMDとして新人にアドバイスを送る立場なのですが、まずは半年から1年がんばる気持ちで取り組めば大丈夫。お客様との信頼関係を何より大切にし、自分なりの目標を持ってまじめに素直に取り組める人なら、誰でもできる仕事だと私は思います。

前へ

次へ

  • エキスパートマーチャンダイザー 量販店様担当
  • マーチャンダイジングクルー 量販店様担当
  • エキスパートマーチャンダイザー 料飲店様担当

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ