[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

学生課

学生の声のコーナー

みなさんのビールライフや大学に関する疑問・質問に大学職員がお答えします。

2018年11月の声

過去の回答を見る  

Q1

ビールとグラスの関係について教えて欲しい。

グラスによってビールの味わいが変わることはキリンビール大学生ならばご存知のはず!適切なグラスを選ぶことで、ビールのうまみや香りをより感じることができるのです。特徴的な5つのグラスを挙げてみます。・どんなビールにも合うストレートタンブラー・香りのあるビールに合うワイングラス型・香りを楽しむ聖杯型・泡が持続するヴァイツェングラス・濃厚な味には口広重厚型ぜひ、ビールとグラスの組み合わせを考えて、楽しんでみてください!

グラス選びのコツ。

部屋飲みをもっと楽しく!

Q2

ビールの世界の飲み方が知りたいです。

郷に入っては郷に従え。これはビールを飲む席にも言えそうです。エール文化のイギリスではゴクゴク、プハーはマナー違反になることも。エールを楽しむときはチビチビ飲むのが正統派です。中国では体を冷やすことを嫌う考え方から常温のビールしか置いていない店もあります。冷えたビールを飲みたい人は店員さんに伝えましょう。そのほかにも、タイやシンガポールなどではビールをオンザロックで飲んだり、国によっては公共の場所で飲むことが禁止されていることもあります。ビール好きなみなさんは海外旅行に行く際はローカルマナーを要チェックです!

旅で出会う

ビールマナー

Q3

私はビール大好きだけど、日本人ってどれくらいビールが好きなの?

2016年のビール消費量から考察してみましょう。世界の総消費量は、約1億8,689万キロリットルで前年比0.6%減でした。東京ドームをジョッキに見立てると、約151杯分に相当する量です。国別で見ると、中国が14年連続で1位。そのあとアメリカ、ブラジルと続き、日本は7位でした。総消費量のおよそ3%程度。日本人一人当たりのビール消費量は、41.4リットル。大びんに換算すると約65本で世界で54位に位置しています。私の周りにもビール好きはたくさんいますが、世界にはもっとたくさんのビール好きがいるようですね!

経済学部

ビール消費量と生産量

大学職員へのご質問は、講義レポートからお送りください。講義レポートリンク  

あた~る白書

毎月、泡立ち通信で実施している「あた~るアンケート」で学生のみなさんの意識調査を実施。
その集計結果をご報告します。

2018年10月のアンケート

過去の集計結果を見る  

Q Q.今年で発売15年目を迎える、
「一番搾り とれたてホップ生ビール2018」が今月発売になります。
フレッシュなホップを是非お楽しみください。
さて、フレッシュなものを口にして、感動~!なんて経験、
みなさんあるかと思います。
その中でも忘れられない味、教えてください!
(複数選択可)

Q.今年で発売15年目を迎える、「一番搾り とれたてホップ生ビール2018」が今月発売になります。フレッシュなホップを是非お楽しみください。さて、フレッシュなものを口にして、感動~!なんて経験、みなさんあるかと思います。その中でも忘れられない味、教えてください!(複数選択可)

接戦となりましたが、もぎって食べた果実が1位でゴールしました。
生命力にあふれたみずみずしい果実。口の中に広がる果汁。
考えただけでジュワッとしてきます。
豊かな風味の新米、とりたての野菜も食べると元気が出てきますね。
出来たての生ビール。我がビール大学生にとって、これはたまりません!
思わずのどが鳴ります。
その他で多かったのは、「とれたてのウニ」でした。
また、とったばかりの「山菜やキノコ」の人気も高かったです。
(回答者数:8,538名)

ホップ圃場見学 日本のホップ王国「岩手県遠野」

アンケートは、キリンメールニュース「泡立ち通信」で実施しています。メルマガ「泡立ち通信」配信登録  

注目の講義

PICK UP

ビール&料理ベストマッチ大百科

文化学部 No.46

文化学部 No.46 索引リスト

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ