[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

醸造学部

No.94

BEER STYLE NOTE
ウィンナーラガー

ウィンナーラガー

ビールにマウスオン!
発祥
オーストリア
ラガー系
発酵方法
下面発酵
ビールの色
ノートをダウンロードする

※ご自宅のプリンターで印刷してご利用ください。

Point1

赤く透き通る、美しい色合い!ウィーン生まれのラガービール。

オーストリアのウィーンで生まれた、赤銅色のラガービール。それがウィンナーラガーです。低めの温度で焙燥されたウィンナーモルトを使用しており、赤みがかっているのが特徴。かすかにトーストのような香りもします。モルトとホップのバランスが、ほどよい苦みとすっきりとした飲み口を演出します。

Point2

ウィンナーラガーの弟分?ドイツの「メルツェンビール」。

ウィンナーラガーと特別なつながりのあるビールが、ドイツのオクトーバーフェストで飲まれているメルツェンビール。ウィンナーラガーを完成させた醸造家アントン・ドレハーが、そのレシピを友人のガブリエル・セドルメイルに譲り渡し、そのレシピにならって造った「弟分」のようなビールがメルツェンだったのです。

Point3

ウィーンからメキシコ、そしてアメリカへ。歴史の荒波を越えて、人気再燃!

ヨーロッパ四大ビールの一つに含まれるウィンナーラガーですが、オーストリア・ハンガリー帝国の崩壊と共に、一度は衰退してしまいました。しかしメキシコでは、19世紀にオーストリア人が持ち込んだウィンナーラガーをベースにしたビールが造られ続けており、遠く離れた地で現在も飲まれています。また、1980年代のアメリカでのブームを始め、世界各地で人気が再興しています。

配布中
BEER STYLE NOTE ビアスタイルノート

ビアスタイルの特徴をまとめた「ビアスタイルノート」を毎回配布します!実際に飲んだビールの感想を記録したり、ビアスタイルの特徴を復習したりできるノートです。毎回講義に参加して、一冊のノートを完成させましょう!

ノートをダウンロードする

※ご自宅のプリンターで印刷してご利用ください。

代表的なビアスタイル一覧

その他 Others

ラガー系にもエール系にも分類できないビアスタイル。

  • チェコ
  • イギリス
  • ドイツ
  • ベルギー
  • アイルランド
  • アメリカ合衆国
  • オーストリア
ビアスタイルって?
当コンテンツをご覧いただくには最新版の「Adobe Reader」が必要となります。

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ