[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

醸造学部

No.90

BEER STYLE NOTE
ドルトムンダー

ドルトムンダー

ビールにマウスオン!
発祥
ドイツ
ラガー系
発酵方法
下面発酵
ビールの色
ノートをダウンロードする

※ご自宅のプリンターで印刷してご利用ください。

Point1

ドイツ最大のビール生産都市、ドルトムント

ドルトムンダーは、その名のとおり、ドルトムントで生まれたビールです。北ドイツの工業地域として知られるドルトムントは、20世紀初め頃には醸造所が120ヶ所以上もあった、ドイツ最大のビール生産都市。ビールの祭典「オクトーバーフェスト」の開催地であるミュンヘンと並んで、ビール好きの多くが訪ねる町の一つとなっています。

Point2

ドルトムンダー誕生のきっかけは、1840年代のラガー人気!

ドルトムンダーは、色の淡い下面発酵ビール。これは、当時人気があったピルスナーを参考に造られたから。麦芽を低温で2日浸漬させたり、ホップの特徴を控えめにするなど、元のピルスナーとは異なる部分があるため、生産地の名を取ってドルトムンダーと呼ばれています。似たスタイルの「ボヘミアンピルスナー」「ジャーマンピルスナー」「ミュンヘナーへレス」とあわせて、「ピルスナーファミリー」と呼ばれることがあります。

Point3

ホップとモルトがバランスよく調和する、目にも美しい「ブロンド・ビール」。

ドルトムンダーは、「ブロンド・ビール」とも称される透き通った淡い色と、ホップとモルトのバランスが特徴。比較的、ホップの香りや苦みは弱めに造られており、口当たりが軽く、マイルドかつドライな味わいです。現代では、醸造の際に発酵度数を高めたり、熱処理を行うなどして長期保存を可能にし、輸出に適したものもあります。

配布中
BEER STYLE NOTE ビアスタイルノート

ビアスタイルの特徴をまとめた「ビアスタイルノート」を毎回配布します!実際に飲んだビールの感想を記録したり、ビアスタイルの特徴を復習したりできるノートです。毎回講義に参加して、一冊のノートを完成させましょう!

ノートをダウンロードする

※ご自宅のプリンターで印刷してご利用ください。

代表的なビアスタイル一覧

その他 Others

ラガー系にもエール系にも分類できないビアスタイル。

  • チェコ
  • イギリス
  • ドイツ
  • ベルギー
  • アイルランド
  • アメリカ合衆国
  • オーストリア
ビアスタイルって?
当コンテンツをご覧いただくには最新版の「Adobe Reader」が必要となります。

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ