[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

醸造学部

No.79

BEER STYLE NOTE
ランビック

ランビック

ビールにマウスオン!
発祥
ベルギー
-----
発酵方法
自然発酵
ビールの色
ノートをダウンロードする

※ご自宅のプリンターで印刷してご利用ください。

Point1

自然の味そのもの。野生酵母で作られるベルギー伝統のランビック・ビール

ほとんどのビールはきちんと管理されたビール酵母を使って作られますが、ランビックは自然にある酵母で発酵させるビールです。そのため、ビールの原型に最も近いスタイルと考えられています。ベルギー、ブリュッセルに近いパヨッテンラント地域。ここにあるゼンネの谷に自生する野生酵母とバクテリアが、ランビックを生み出します。使われる酵母は生息地が限られており、「ランビック」を名乗れるのはブリュッセル近郊の醸造所で作られたビールのみとなっています。

Point2

造り方も味わいも、個性的!独特の酸味と香りが楽しめるビールです。

ランビックは、大麦の麦芽だけでなく発芽させていない小麦を使用し、殺菌力が強いホップを大量に加えます。ランビックにとってのホップは、香りづけを意図したものではなく、長期間の熟成に耐えられる防腐剤として必要とされています。あえて、摘んでから1年以上が経ち、酸化して苦みが少なくなったホップを用いますが、これにより独特の強い酸味とチーズのような香りが生まれます。

Point3

ランビックならではの独特な香りを楽しむフレーバーを閉じ込めるチューリップグラス

ランビックの香りは、個性的。このビールでしか味わうことができません。チューリップグラスは縁が内側にカーブしているために、グラスの中に香りがこもりやすくなります。ウイスキーのテイスティンググラスがこの形状をしているのはそのためです。クセになるような香りと味わいを、じっくり堪能することができます。

配布中
BEER STYLE NOTE ビアスタイルノート

ビアスタイルの特徴をまとめた「ビアスタイルノート」を毎回配布します!実際に飲んだビールの感想を記録したり、ビアスタイルの特徴を復習したりできるノートです。毎回講義に参加して、一冊のノートを完成させましょう!

ノートをダウンロードする

※ご自宅のプリンターで印刷してご利用ください。

代表的なビアスタイル一覧

その他 Others

ラガー系にもエール系にも分類できないビアスタイル。

  • チェコ
  • イギリス
  • ドイツ
  • ベルギー
  • アイルランド
  • アメリカ合衆国
  • オーストリア
ビアスタイルって?
当コンテンツをご覧いただくには最新版の「Adobe Reader」が必要となります。

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ