[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

経済学部

No.5

ビール消費量/生産量 2010~2017

ビール消費量/生産量
2010~2017

2010アジアはビール消費量が10年連続でトップ!
生産量では9年連続トップ!

2017年の世界の総消費量は、約1億8,672万kl(前年比0.2%減)で、3年連続でマイナス。東京ドームをジョッキに見立てると、約151杯分に相当する。
また、国別では、中国(前年比3.9%減)が15年連続で1位となったものの大幅減。この影響で、世界の総消費量もマイナス着地。4位のメキシコ(前年比6.8%増)は前年に引き続き増加。上位10カ国ではメキシコのほか、イギリス、ベトナム、スペインが増加。
さらに、地域別では、アジア(前年比0.8%減)の構成比が33.7%となり、10年連続で1位。アフリカ(前年比0.5%増)は、7年連続で増加した。

国別ビール消費量/生産量

>

<

【生産量】
中国(前年比3.9%減)が16年連続でトップとなった。2017年の上位25カ国のうち、9年連続トップのアジア(前年比1.4%減)は、ベトナム(前年比15.4%増)、インド(前年比1.8%増)、フィリピン(前年比7.9%増)が増加したが、中国(前年比3.9%減)の影響で減少。日本(前年比2.1%減)は昨年同様7位となった。

【消費量】
中国(前年比3.9%減)が2003年から15年連続で1位となった。10年連続トップのアジア(前年比0.8%減)は、ベトナム(前年比5.8%増)、韓国(前年比5.6%増)、タイ(前年比15.8%増)、フィリピン(前年比13.8%増)が増加したが、中国(前年比3.9%減)の影響で減少。アフリカ(前年比0.5%増)は7年連続で増加している。日本(前年比2.6%減)は11年連続で7位となった。

地域別ビール生産量

中南米、アフリカ、中東、オセアニアが増加したものの、世界合計は4年連続でマイナス。アジア(前年比1.4%減)は、上位国の中国(前年比3.9%減)はマイナスだったものの、ベトナム(前年比15.4%増)やインド(前年比1.8%増)、フィリピン(前年比7.9%増)が好調で、9年連続トップ。中南米(前年比3.8%増)とアフリカ(前年比2.4%増)、中東(前年比1.3%増)、オセアニア(前年比0.1%増)は増加している。

一人当たりのビール消費量

>

<

チェコが25年連続で1位となった。上位35カ国のうち、昨年より消費量の伸びた国は12カ国。日本は40.1L、大びん換算で約63.4本(前年比2.0本減)という結果であった。

2017年の世界のビール生産量は、約1億9,090万kl(前年比0.1%減)となり、4年連続で減少している。
地域別では、アジア(前年比1.4%減、構成比32.5%)が9年連続トップ。3位の中南米(前年比3.8%増、構成比18.6%)と5位のアフリカ(前年比2.4%増、構成比7.8%)は増加。
国別では、中国(前年比3.9%減)が16年連続でトップ、アメリカ(前年比2.6%減)、ブラジル(前年比5.0%増)と続く。日本(前年比2.1%減)は昨年同様の7位だった。

読み込み中...
 

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ