[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN サッカー応援40TH HISTORY

キリングループがサッカー日本代表を
応援し始めたのは、1978年のこと。
社会貢献の一環として、また「ご近所」だったこと
からスタートした縁も今年で40年。
この記念すべき年に、
これまでの歴史を振り返ります。

KIRIN SOCCER SITE TOP
SCROLL

はじまりはご近所さん

日本で初めて、サッカーの本格的国際大会として開かれた「ジャパンカップ」。この大会にキリンビールが協賛したことから、キリングループの日本サッカー応援の歴史が始まりました。
当時、渋谷区神宮前に本社があったキリンビールにとって、岸記念体育会館にあった日本サッカー協会は山手線を挟んで向かい側の「ご近所さん」でした。
同協会から支援をお願いされ、ご近所の縁を感じ、当時今ほどメジャーではなかったサッカーの文化を「長い目で見て育てていこう」と決意したのです。

「ジャパンカップ」に協賛

「ジャパンカップ・キリンワールドサッカー」に協賛

「ジャパンカップ」から改称。

「キリンカップサッカー」初開催

現在の大会名に。

「キリンカップサッカー」で日本代表が初優勝

日本代表はイングランドの名門チームと決勝戦を行い、4-0と圧勝で大会初の優勝を飾った。

「キリンカップサッカー」が国際Aマッチに認定

年齢制限のないA代表同士の国際公式試合、国際Aマッチに認定されたことで、国内外から注目される試合に。

キリングループを挙げて日本サッカーを応援

1995年から日本代表オフィシャルスポンサーとなったキリンビールに続き、1998年にはキリンビバレッジもオフィシャルスポンサー契約を締結したことで、キリンはグループとしてサッカーを支援。その後、支援の幅は各世代代表、女子代表へと広がり、2007年からはフットサル、ビーチサッカーも含めたサッカー日本代表の全カテゴリーを応援。

U-23、U-20、U-17 日本代表チームのオフィシャルスポンサーに

「キリンチャレンジカップ」開催

「キリンチャレンジ」と「キリンビバレッジサッカー」が統一された。

「勝ちT」キャンペーン

サッカーファンやサポーターとともに日本代表の応援ムードを盛り上げるため、オリジナルデザインの「勝ちT」に応募できるキャンペーンを開催。サッカーファンの人気を集める。

「サッカー日本代表・応援自動販売機」を展開

キリンビバレッジが全国に展開。売上を通じて集まった寄付金は日本サッカー協会に贈呈し、お客様から日本代表への応援の橋渡し役を担う。

「キリンサッカーフィールド」初開催

子どもたちの健康や夢を育む活動として、全国の小学生を対象としたサッカー教室を開催。元サッカー日本代表選手を講師として、サッカーの技術指導や心の成長を支援した。

「JFA・キリン スマイルフィールド」開催

東日本大震災の復興応援の一環として、岩手、宮城、福島の小学校でサッカー教室を開催。
6年間で693校を訪問し、約10万人の子どもたちが参加した。

オフィシャルスポンサーからオフィシャルパートナーに呼称変更

「JFA・キリン熊本復興応援サッカー教室」実施

熊本地震で被災した子どもたちの元気をサポートするため、元サッカー日本代表選手を講師に迎えたサッカー教室を開催した。

「JFA・キリン ビッグスマイルフィールド」開催

「JFA・キリン スマイルフィールド」は、2017年に「JFA・キリン ビッグスマイルフィールド」とじて、より地域に寄り添い、人と人の絆づくりをお手伝いする活動へ進化。元サッカー日本代表によるサッカー致室だけではなく、来場者なら誰でも参加できるサッカーアトラクションや、開催地域のおいしい食材が楽しめるマルシェコーナーも同時開催。

KIRINはこれからも、サッカー日本代表を応援します。そして、日本代表を応援する人を応援します。選手の力、チームの力に、応援の力が合わさって、この国のサッカーの強さになると思うのです。さあ、特別な一年の始まりです。KIRINは今年も、応援の力を信じています。

先頭へジャンプ