[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

~早くも1,000万ケース※1突破!9月※2販売数量は前年比約9割増~「本麒麟」絶好調!!

  • 商品
  • 2019年9月25日
  • キリンビール株式会社

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、「本麒麟」の2019年販売数量が、9月時点で早くも1,000万ケース※1を突破しました。9月の販売数量も前年比約9割増と大きく伸ばしています。

  • ※1 大びん換算
  • ※2 9月1日~9月24日の販売数量

今年1月中旬製造品よりリニューアルした「本麒麟」は当社の“ものづくりのこだわり”が詰まった商品です。「本麒麟」の強みである「ビールに近い卓越したうまさと品質」を一層強化し、お客様から高い味覚評価をいただいています。販売も好調に推移し、年間販売目標も年初計画の1,380万ケースより約200万ケース増やし、前年比約7割増にあたる約1,580万ケースに上方修正しています。

当社は、「本麒麟」を通じて“ビールに近いおいしさ”を実感いただくことで、ビール類市場の活性化を目指します。

好調の要因

  1. [1]新ジャンル市場の活性化
    10月の消費税増税によって節約志向がさらに高まり、新ジャンル商品へのニーズも高まっています。中でも、低価格でありながら高品質な商品やサービスがお客様の支持を集め、“身近なものこそ、きちんとしたいいもの”を選択する傾向が強くなっています。
  2. [2]“うまさ”にフォーカスしたリニューアル
    「本麒麟」は、新ジャンルの商品でありながら、“力強いコクと飲みごたえ”のある本格的なうまさを味わえる商品です。今年1月中旬製造品からリニューアルを行い、「本麒麟」の強みである「ビールに近い卓越したうまさと品質」を一層強化しました。
  3. [3]認知・飲用経験率の上昇
    ”うまさ”にフォーカスした商品リニューアルと、「本麒麟」史上最大規模の広告・PRを店頭と連動させることで、8月時点で商品認知率が約60%、飲用経験率が約36%まで上昇しました。認知率・飲用経験率の上昇に伴い、1~9月※3の販売数量も前年比約7割増と大きく伸びています。また消費税増税前の9月販売数量※2も前年比約9割増と大きく伸びており、お客様からの「本麒麟」に対する期待が感じられます。
    • ※3 1月1日~9月24日の販売数量

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

商品概要

1.商品名
「本麒麟(ほんきりん)」
2.発売地域
全国
3.発売日
2019年1月中旬製造品より順次切り替え
4.容量/容器
350ml缶、500ml缶
5.価格
オープン価格
6.アルコール分
6%
7.酒税法上の区分
リキュール(発泡性)①
8.販売予定数(2019年)
約1,580万ケース(200,000KL)※大びん換算
9.製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場(全9工場)
【お問い合わせ先】
キリンビール お客様相談室 フリーダイヤル:0120-111-560
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ