[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

KIRIN News Release

<参考資料>「第57回 リュブリアーナ国際ワインコンクール」にて
「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」および
「同 マリコ・ヴィンヤード メルロー 2012」が金賞を受賞

  • 商品
  • 2015年6月26日
  • メルシャン株式会社

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、2015年5月29日(金)から31日(日)の3日間にわたり、スロベニア共和国・リュブリアーナで開催された「第57回 リュブリアーナ国際ワインコンクール」にて、「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」および「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード メルロー 2012」が、金賞を受賞しました。日本のワイナリーとしての受賞は、「シャトー・メルシャン」が唯一となります。また、同コンクールにおいては、昨年「シャトー・メルシャン 城の平カベルネ・ソーヴィニヨン 2009」が金賞を受賞しており、当社として2年連続の栄誉ある受賞となります。

  • 「リュブリアーナ国際ワインコンクール」について
    • O.I.V.(国際ブドウ・ワイン機構)の後援のもと、1955年よりスロベニア共和国の首都リュブリアーナ市で開催されています。「国際ワインジャーナリスト協会」が2007年に格付けした世界のワインコンクール評価において第2位にランキングされた、権威ある国際ワインコンクールです。
  • 受賞ワインについて
    • 「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」※1
      1985年の初ヴィンテージが同コンクールで大金賞を受賞するなど、国内外のコンクールで数々の受賞を果たしてきた当社のフラッグシップワインです。長野県塩尻市桔梗ヶ原地区にて栽培された最高品質のメルローを厳選して醸造しました。今回受賞を果たした2011年ヴィンテージは、ブラックベリー、カシスなどの黒い果実や、チョコレート、バニラ、アーモンドなどの香りが芳醇で、きめが細かくなめらかでバランスのよい複雑な味わいです。骨格のあるタンニンも感じることから、今後の熟成が期待できるワインです。
    • 「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード メルロー 2012」※1
      2003年に当社が長野県上田市に開園した自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィヤード」産のブドウを100%使用したワインです。同ワインは開園から12年目を迎えた昨年、初めて全国発売※2となりました。今回受賞を果たした2012年ヴィンテージは、ブラックチェリー、ブルーベリーなど凝縮感のある果実香と、上品で華やかなバニラ、アーモンドなどの香りが複雑に広がります。しなやかなタンニンと調和の取れた心地良い味わいが、長い余韻とともに口中に残ります。
    • ※1 両商品とも発売は2015年秋を予定。
    • ※2 2007年ヴィンテージはワイナリーとWEB限定、2009年ヴィンテージは首都圏エリア限定で発売。2011年ヴィンテージで初の全国発売。

メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、様々な提案を続けていきます。

コンクールの概要

1.コンクール名
「第57回 リュブリアーナ国際ワインコンクール」
2.開催地
スロべニア共和国・リュブリアーナ
3.開催期間
2015年5月29日(金)、30日(土)、31日(日)
【お問い合わせ先】
メルシャン お客様相談室 フリーダイヤル:0120-676-757
【キリンホームページ】
https://www.kirin.co.jp/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ