KIRIN 生姜とハーブのぬくもり麦茶 moogyムーギー

いいわたし、いい暮らし。

おいしさそのまま!Autumn & Winter Collection

moogyムーギー

生姜とハーブのぬくもり麦茶

冷える生活環境で過ごす、女性の味方。ぬくもり4素材の健康ブレンド麦茶です。

生姜の風味がしっかりときいていながらも、 香ばしくすっきりとした飲みくち。 カフェインゼロ・無糖で、飽きのこない、 毎日飲み続けていただける味わいの麦茶です。 もちろん常温でも、おいしく飲んでいただけます。

※ あたためる際は別容器に移して加温し、お早めにお飲みください。

「ぬくもり4素材」

焙煎大麦

キリンの健康プロジェクトが発見した、 ぬくもり素材。 香ばしく飲みごたえがあり、 シーンを選ばず いつでもごくごく飲めます。

生姜

ゆたかな香りと キレのある後味に、 生姜好きも納得! 食事との相性もバッチリです。

カモミール

ふんわりとした やわらかさで 味をまとめる、名脇役です。

レモングラス

さわやかな香りと、 すっきりとした飲みくちをつくる、 隠し味です。

#moogy を贈る冬 フォトキャンペーン

優秀作品発表

たくさんのご応募ありがとうございました。

  • yumi* @harachan_0716の作品
    yumi* @harachan_0716

    moogyチームのコメント(みず)

    moogyと可愛らしい手作りケーキなんて、楽しいクリスマス会を過ごされた様子が伺えます♪人が集まる楽しい場にmoogyを置いてくださってとっても嬉しいです。

  • *ayun* @ayumi_ttyの作品
    *ayun* @ayumi_tty

    moogyチームのコメント(てら)

    天然冷蔵庫にびっくり!そして手づくり雪ダルマとmoogyの組み合わせ、すっごいかわいいですね〜♪冬ならではの真っ白な世界にmoogyがよく映えます!雪が降ったら、私も絶対雪ダルマとmoogyで写真撮りたいです!

  • sato.u  @sa_uraraの作品
    sato.u @sa_urara

    moogyチームのコメント(えん)

    “野山の宿探し”の柄と、もみの木やサンタの雑貨がマッチして、とても可愛い♪お気に入りコーナーでしょうか♪ホッと一息ついたら、ちょっとまた頑張れる、そんな存在になれて嬉しいです!

  • makicom_lolo  @makicom_loloの作品
    makicom_lolo @makicom_lolo

    moogyチームのコメント(なか)

    真っ赤なりんごとmoogyの組み合わせが可愛い!こんなおすそわけをしてもらったら、とっても幸せな気持ちになりますね。オリジナルバッグも使ってくださって嬉しいです♪

  • kei suzu @keis09の作品
    kei suzu @keis09

    moogyチームのコメント(みず)

    “しあわせあげたい”の南天でお正月飾りという発想が素晴らしい!アレンジしてくださった飾りが柄の色と合ってて、しかもお正月らしくてとても可愛いですね♪こんな素敵な飾りだったら2017年もしあわせな年をむかえられそうです。

  • こ は な  @___kohaの作品
    こ は な @___koha

    moogyチームのコメント(えん)

    ちょこんと引っ掛けたもみの木のオーナメントが可愛い♪フェルトで出来てるんですか?ちょっとした手土産やお友達と出掛けるときにmoogyを手渡してあげる気遣いって、とっても良いですね。

  • ひろり  @hiroriraの作品
    ひろり @hirorira

    moogyチームのコメント(えん)

    自分への贈り物にmoogy、素敵です!ご褒美というほど大それたものではないけれど、なんだか少しだけ気分が上がりますよね。秋らしい影と光が綺麗な一枚です。

  • Kazunori Yamamoto  @yama_3の作品
    Kazunori Yamamoto @yama_3

    moogyチームのコメント(てら)

    冬の貴重な陽射しとストールに包まれたmoogyは、寒い冬でもぬくぬくとあったかそう♪誰かと2人で散歩がてらにmoogyを分け合う・・・そんなシーンが見えました!ぜひmoogyを冬のお散歩にも連れていってあげてくださいね!

  • Chiari*デコテリア @chiari_decoteriorの作品
    Chiari*デコテリア @chiari_decoterior

    moogyチームのコメント(てら)

    moogyにメッセージを添えて贈り物にしてもらえるなんて嬉しいです♪まさにmoogyを贈る冬!しかも柄とメッセージカードの色合いがぴったりで、素敵なラッピング♪これからもmoogyでたくさんの想いを伝えてくださいね!

  • *cool*   @cool_pomの作品
    *cool* @cool_pom

    moogyチームのコメント(なか)

    おうちでのんびり過ごす時間が楽しくなるコーディネートに一目惚れしました!秋冬カラーのひつじさんと、グリーンでおめかしした“ぬくぬく冬じたく”のmoogyがお似合いですね。

その他の作品はこちら

KIRIN 生姜とハーブのぬくもり麦茶 moogyムーギー

今日は何着て、どこへ行こう? クローゼットの前で服を選ぶときの、ウキウキ。 お気に入りを身に着けて出かける、ワクワク。 日常のちいさな選択も、 女性にとっては大切で、必要で、ハッピーなこと。 そんな気分で、 毎日の「飲みもの」も選べたら、きっと楽しい。 毎日を彩るアイテムになったら、もっと嬉しい。 さぁ、今日のmoogyはどれにしよう♪

Spring & Summer Collection

Brand Story Interview

Q. この商品がうまれたきっかけや想いを教えてください。

菅谷 恵子さんの写真
菅谷 恵子(商品担当)

A. 私自身もそうなのですが、20~40代女性たちは、 平日は仕事、家事や育児に追われて、自分のための時間はほとんどない。 子どもを寝かしつけた22時過ぎ、ようやくできたわずかな自分の時間に、 ネットショッピングで日用品探しを楽しみながら一息つく。   そんな彼女たちの生活にとけこみながら、 忙しい毎日に小さな「幸せ(うるおい)」を届けたい。 単なる水分補給としての飲みものではなく、 こころも、からだも、サポートできる存在をつくりたい。 この想いから「女性×毎日×健康」というテーマが生まれ、 moogyという商品は誕生しました。 麦=ムギなので、愛称として多くの方に親しまれるように、 という想いを込めて「moogy(ムーギー)」と名付けています。 いちばんの工夫は、16種類のデザイン。 これまでの「商品機能を伝える」という考え方をやめ、 洋服やアクセサリーのように「自分や気分を表現する」ためのデザインに。 ひとりでも多くの女性の生活にとけこむmoogyになれば嬉しいです。

Brand Story Interview トップにもどる

Q. 味づくりで一番大変だったことやこだわったことは何ですか?

和田 宏美さんの写真
和田 宏美(開発担当)

A. 生姜の味わいの強さです。 辛味などのクセの強い味は、個人の好みが分かれやすいもの。 どのレベルに設定するべきか、一番悩み、こだわりました。 検討段階では、マイルドなタイプと、しっかり味わえるタイプで、 男女で意見が両極にわかれました。 でも、LOHACOでお買い物をしている多くは、女性。 最終的には、女性から多く支持されていた、 しっかり生姜の味わいがあるタイプに中味を決めました。

Brand Story Interview トップにもどる

Q. このデザインがうまれたきっかけや想いを教えてください。

寺島 愛子さんの写真
寺島 愛子(デザイン担当)
水上 寛子さんの写真
水上 寛子(デザイン担当)
遠藤 楓さんの写真
遠藤 楓(デザイン担当)

A. インターネットショッピングサイトでは、 どんな味の商品なのか?どんな中味なのか?使っている素材は?など 店頭ではすべてパッケージに集約しなければならない情報が、 ページ上でじっくり読んでもらえます。 だから、パッケージデザインから味や中味の表現は無くしてみました。 とにかく、毎日そばに置いておくだけで楽しくて、嬉しくて、 気分に合わせて選べるデザイン表現を考えました。 また、箱で買ってストックしておくものだからこそ、 そっけない段ボールの箱ではなく、 置くだけでインテリアの一部になる存在を目指してデザインしました。 ボトルのデザインは全16種類。箱は2種類。 どちらの箱で、どんなデザインが届くか。 ランダムだからこそ楽しめるワクワクです。

Q. こだわりポイントはありますか?

A. 工業製品らしくない、もっと愛着のある手馴染みのよいものにしたい。 そんな想いから、ロゴやパッケージには、 手書きのようなあたたかみのある風合いを持たせました。 バーコードにも、さりげなく2種類のデザインを施して、 気づいた人がちょっと楽しくなるシカケをつくりました。

Brand Story Interview トップにもどる

moogyでDIY

デスクうきうきペンスタンド

用意するもの

用意するものの写真
  • 粘土はお好みのものでOK(ここでは軽量樹脂粘土を使用)
  • 絵の具は、使用する粘土の注意表記に合わせて選択してください(ここではアクリル絵の具を使用)
  • 接着剤はアルミが接着できるものをご使用ください(ここでは熱で融解した接着剤の出る、グルーガンを使用)

手順

  1. 手順1の写真
    飲み終えてボトルの中を洗ったmoogyの空き缶を準備します。ボトルに付いているリング部分を、接着剤で本体とリング部分が動かないよう固定し、乾かします。
  2. 手順2の写真
    粘土に絵の具を適量混ぜて、よくこねて色を付けます。お好きな色で自由に組み合わせをお楽しみください。
  3. 手順3の写真
    ①のボトル缶の口部分に②で作った粘土を付けていきます。飲み口の内側にも粘土を入れ込むときれいに仕上がります。
  4. 手順4の写真
    粘土が乾かないうちにヘラを使って形を整えます。柄にあった形を作ってみたり、模様を入れてみたりしてもかわいくなるのでオススメです。成形後、粘土がしっかり固まるまで乾かしてください。
完成写真

お好みでニスを塗ってもOK!

注意点

  • キャップの切り口や、飲み口等で手を切らないようご注意ください。
  • 材料はあくまでも一例です。使用する材料の注意表記に従ってご使用ください。
  • グルーガンを使用する際は、ヤケドにご注意ください。また、他の接着剤を使用する際も手等に付着しないようご注意ください。

ウチナカプランター

用意するもの

用意するものの写真
  • きりが無い場合は、釘でも代用できます
  • 釘を使用する際は、ハンマーでたたくとあけやすいですよ
  • ハーブはお好みのものでOK(ここではカモミールを使用)
  • 土はお好みのものでOK(ここでは腐葉土を使用)

手順

  1. 手順1の写真
    飲み終えてボトルの中を洗ったmoogyの空き缶を準備します。缶底に、きりで数か所穴をあけます。
  2. 手順2の写真
    土を容器の2/3ほど入れます。
  3. 手順3の写真
    そこに根のまま植え替えるか、挿し芽をします。もちろん種から育ててもOKです。※植物や土は、季節や環境に応じて、適したものをお好みで選んでくださいね。
完成写真

キッチンの棚や出窓など、ちょっとしたスペースで手軽にハーブや野菜を育ててみませんか?いつでも新鮮なハーブがお料理に使えますよ。

完成写真

穴をあけずに、一輪挿しにしてもかわいいですよ。インテリアにもなっておしゃれ♪

注意点

  • キャップの切り口や、飲み口等で手を切らないようご注意ください。
  • 材料はあくまでも一例です。使用する材料の注意表記に従ってご使用ください。
  • ガラス容器の取り扱いにはご注意ください。
  • お花を挿しすぎると重みで倒れますのでご注意ください。
  • お花を挿したあと、残ったお水を誤飲しないようにご注意ください。

ひっかけmoogyウォールポケット

用意するもの

用意するものの写真
  • 毛糸はお好みのものでOK(ここでは少し太めの毛糸を使用)
  • 接着剤はアルミが接着できるものをご使用ください(ここでは熱で融解した接着剤の出る、グルーガンも使用)

手順

  1. 手順1の写真
    飲み終えてボトルの中を洗ったmoogyの空き缶を準備します。ボトルに付いているリング部分を、接着剤で本体とリング部分が動かないよう固定し、乾かします。
  2. 手順2の写真
    接着剤を口部全体にまんべんなく塗ります。
  3. 手順3の写真
    毛糸をぐるぐると巻きつけて適度なところで固定します。
  4. 手順4の写真
    壁にひっかけるためのひもを付けて固定します。(ある程度強度のあるひもを選びましょう)
完成写真

毛糸をぐるぐると巻きつけるだけなので簡単!壁に小物や花などを飾って、インテリアの一部として楽しんでください。毛糸の他にも、色々なひもやはぎれを組み合わせたり、リボン、マスキングテープなどで飾りつけてもかわいいのでお気に入りの組み合わせを試してみてくださいね。

注意点

  • キャップの切り口や、飲み口等で手を切らないようにご注意ください。
  • 材料はあくまでも一例です。使用する材料の注意表記に従ってご使用ください。
  • 吊るす際は、落ちないように十分ご注意ください。
  • お花等を挿しすぎると重みで倒れますのでご注意ください。
  • お花等を挿したあと、残ったお水を誤飲しないようにご注意ください。
  • グルーガンを使用する際は、ヤケドにご注意ください。また、他の接着剤を使用する際も手等に付着しないようご注意ください。

ルンルンルームフレグランス

用意するもの

用意するものの写真
  • moogyの中に入るサイズであれば、細めのガラス容器は何でもOK(ここでは試験管を使用)

手順

  1. 手順1の写真
    飲み終えてボトルの中を洗ったmoogyの空き缶を準備します。細めのガラス容器の中に、アロマオイルを入れます。移し変える際は、こぼさないように注意してくださいね。
  2. 手順2の写真
    アロマオイルをいれた細めのガラス容器を、moogyの中に入れます。
  3. 手順3の写真
    アロマスティックをさします。
完成写真

好きなデザインのmoogyと好きな香りにつつまれてお部屋でリラックスしてください♪

注意点

  • キャップの切り口や、飲み口等で手を切らないようご注意ください。
  • 材料はあくまでも一例です。使用する材料の注意表記に従ってご使用ください。
  • ガラス容器の取り扱いにはご注意ください。

手のひらサイズのマカロンマラカス

用意するもの

用意するものの写真
  • 飾り用テープは、アルミに接着できるものを選択してください(ここではマスキングテープを使用)
  • 接着剤はアルミが接着できるものをご使用ください(ここでは熱で溶解した接着剤の出る、グルーガンを使用)

手順

  1. 手順1の写真
    飲み終えて洗ったmoogyのキャップを準備し、そこへビーズなどを入れます。入れるものによって音が違うので色々試してくださいね。
  2. 手順2の写真
    ビーズなど入れたキャップを2つ合わせて、接着剤で貼り合わせ乾かします。
  3. 手順3の写真
    接合部を隠すように、飾り用テープを貼付けます。色々なテープを飾ると、かわいく仕上がるのでオススメです。
完成写真

色んな飾り付けをしたり、音の種類を楽しんだり・・・手のひらサイズの小さなマラカスなので子供にもぴったり。たくさん作って、みんなでシャカシャカ♪楽しみましょう♪

注意点

  • キャップの切り口や、飲み口等で手を切らないようにご注意ください。
  • キャップや、ビーズ等を扱う際は誤飲にご注意ください。
  • 材料はあくまでも一例です。使用する材料の注意表記に従ってご使用ください。
  • グルーガンを使用する際は、ヤケドにご注意ください。また、他の接着剤を使用する際も手等に付着しないようご注意ください。

ゆらゆらプラントハンガー

用意するもの

用意するものの写真
  • ひもはお好みのものでOK(ここでは太めのたこ糸を使用)

手順

  1. 手順1の写真
    105cmの長さのひもを8本用意します。底面の直径+高さ+80cmで計算します。長さと結び目の位置を変えるだけで、どんな器でもハンギングすることが出来ますよ、必ず偶数本用意してくださいね。まず20cmのところでまとめて結びます。
  2. 手順2の写真
    2本づつ最初の結び目から5cmのところでまた結びます。
  3. 手順3の写真
    次にとなりあう2本づつをまた5cmのところで結びます。
  4. 手順4の写真
    繰り返し3段結びます。
完成写真

結ぶだけなので簡単にできあがり!天井や壁からつるすことで、小さなスペースにも植物が飾れます。麻ひもなど、どんなひもでも代用できます。これからの季節は、毛糸を使ってもよさそうですね。

注意点

  • キャップの切り口や、飲み口等で手を切らないようにご注意ください。
  • 材料はあくまでも一例です。使用する材料の注意表記に従ってご使用ください。
  • 吊るす際は、落ちないように十分ご注意ください。
  • お花等を挿しすぎると重みで倒れますのでご注意ください。
  • お花等を挿したあと、残ったお水を誤飲しないようにご注意ください。

TOPに戻る