[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

特別なことよりも『当たり前』のアミノバイタル 千葉真子さん 世界陸上銅メダリスト

千葉真子(ちば・まさこ)

現役引退後はスポーツコメンテーターとして活躍。
ランニング大会のゲストや市民ランナーの指導も行っている。

ラストチャンスをつかんだ
アミノバイタルとストレッチ

「苦しいけどまだいける!」
2003年の大阪国際女子マラソンの41km地点。千葉真子さんは、30km過ぎに一旦離された2位を走る選手を逆転。そのまま2時間21分45秒の日本歴代4位の好タイムでゴールした。
「いつもは30km前後で失速していたけど、この日はゴールまでしっかり走りきれました」

このレース、直前に千葉さんは「だめなら引退」と決意してスタートラインに立った。1997年の世界陸上1万mで銅メダルを獲得。その後、満を持してマラソンに挑戦するも、故障続きでトレーニングが継続できず、レースでも結果が出なかった。
「故障しない脚になる『魔法』はないか、という気分で日本中の治療院を廻りましたが状況は改善されませんでした」

そんな時、ふと見直してみたのが「当たり前」のことだった。
いつも何となくやっていたストレッチを、じっくり1時間かけてやるようになった。身体をリカバーさせるための『アミノバイタル』摂取も練習直後だけでなく、調子があまり良くない、風邪を引きそう、と感じたらすぐ摂るようにした。レース10日前からは、1日の終わりにも摂取するようになった。すると良いコンディションで次の練習を迎えられるようになり、マラソン挑戦6年目にして初めて継続したトレーニングが積めた。
「『他人任せ』や『何となく』じゃだめ。『ベストスマイル』でゴールを迎えるには、自分で意識して動くことが大事なんです」

千葉さんおすすめは、1週間前から
アミノ酸+ウォーターローディング

「現役時代、常にペットボトルを鞄に入れて持ち歩いていました。いつでも水分を摂れるようにしておくことで脱水を防ぎ、日々のトレーニングに万全の状態で臨めるようにするためです。
「アミノバイタル®」GOLD2000ドリンクは味が美味しいので、トレーニングだけでなく、日常生活でも飲みやすいですね。
このアミノ酸ウォーターローディングをレース1週間前から実施すれば、血中のアミノ酸濃度が高められて、レースをしっかり走ることができます」

「アミノバイタル®」GOLD2000ドリンクをシェアする

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ