[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

史学部

No.81

ピラミッドのために何万人も奴隷が働かされた、は大ウソ。
庶民が建造に参加したのは、ビールが飲めるからだった

ピラミッド ビール

灼熱の太陽の下で奴隷たちがむち打たれながら働かされていた…。実はこれは大きな間違い。毎日飲めるビールを目当てに、農民たちが喜んで参加していたのだ。

古代エジプト文明の象徴というと、誰もが思い浮かべるのは、やはりピラミッドでしょう。エジプトでは、これまで100基ぐらいのピラミッドが見つかっています。私はあと50~60はあると思っていますけれど。

そのうち最大の、ギザにあるクフ王のピラミッドは、高さ147メートル(現在は136メートル)、底部の一辺の長さが230メートル、石の数にして約300万個。現在のような建設機械などない4550年前のエジプトで、こういうものがつくられていたわけです。
こういう途方もない建造物が、いったいどうやってつくられたのでしょうか?

今から2500年ぐらい前の古代ギリシアの歴史家に、ヘロドトスという人がいました。彼は「クフ王のピラミッドは、10万人の奴隷が20年間働いてつくった」と本に書いて残しました。これが、世界中で通説になってしまったのです。
エジプトの灼熱の太陽の下で、何万人もの奴隷がムチで打たれながら大きな石を引っ張って運んでいる……。たしかにわかりやすいイメージです。ハリウッド映画で、そんな場面をご覧になったことのある方も多いと思います。

しかし、これはまったくの間違いなのです。実際は、ピラミッド建造には奴隷ではなく一般庶民が、それも自ら喜んで参加していました。なぜでしょうか? それはビールが飲めるから、だったんです。

現代の暦では、1週間は7日です。しかし古代のエジプトでは、1週間は10日でした。1か月は3週間、つまり30日。それが12か月で360日です。ちなみに円の1周360度というのはここから来ています。もちろん1年が365日というのは知ってました。では、残りの5日間はどうしたかというと、ざっくばらんにいえば、年末にみんなでドンチャン騒ぎをして過ごしていました。

要するに、なかったことにしてしまう。それは庶民も貴族も、みんな一緒になってやっていました。古代のエジプト社会は、そんなふうに大変おもしろい世界だったんです。

で、当時の農民や職人といった、いわゆる庶民といわれる人たちがビールを口にできるのは、ふつう1週間に1回でした。つまり10日に1回ですね。
ところが、ピラミッドづくりに参加すると、毎日ビールが飲めるんです。というのも、ピラミッドづくりに働いた人に対しては、その報酬としてビールが与えられていたんです。

by 吉村作治 早稲田大学名誉教授 エジプト考古学者

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ