[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

文化学部

No.58

ビール&料理ベストマッチ大百科

「チーズタッカルビ」

キリンビール大学 文化学部 ビール&料理ベストマッチ大百科 「チーズタッカルビ」

昨年頃から、みんなでつつきたい料理といえば真っ先に名前が挙がるようになったのは「チーズタッカルビ」。鶏肉と野菜をコチジャンで味付けして炒めた定番的韓国料理「トッポギ」に、近年ではとろ〜りととけるチーズを加え、フォンデュのように皆でつつき合いながら楽しむようになったのがこの一品。味わいにコクとまろやかさが生まれ、新しい味覚として若者を中心に熱烈な人気を博しています。韓国料理の甘辛味はビールとの相性抜群ですが、今回はお料理へのちょい足しと、いつもとちょっとだけ異なるビールのチョイスでさらにその相性の良さを刷新するような新しい提案をしていきます。

鉄板セレクトwith九条ねぎ

ニッポンの鉄板薬味を
チーズと絡めておつまみに

JPL
JPL
  • アルコール度:普通
  • 苦味:★★★☆
  • コク:★☆☆☆
JPL

国産麦芽を使用、国産ホップを一部使用した、ラガータイプならではの引き締まった苦味と深みが感じられる、醸造家のクラフトマンシップが詰まった日本発のクラフトビール。

その他

みんなで一緒につつける楽しいメニューだからこそ、見た目もこだわりたいですよね。和のキャセロールとも言える万能な「どらばち」を用いて盛りつければ、チーズタッカルビがあっという間に和風のテイストに様変わり!九条ねぎを和風の薬味として加え、焼肉のタレと温泉卵もスタンバイ。日本で誕生した麦芽とホップを使用しているラガータイプのビールとマッチングに挑戦しました。タレの辛味と温泉卵のまろやかさが薬味と引き立ち合います。

大胆セレクトwith完熟トマト

トマトの酸味が
イーストの甘みとマッチ!

修道院ビール
修道院ビール
  • アルコール度:普通
  • 苦味:★★☆☆
  • コク:★★☆☆
修道院ビール

修道院ビールは、どれも上面発酵の「エール」です。樽ではなく瓶詰めしたのちに瓶内熟成されるのが特徴です。そのため瓶の形状で味が違い、同じ銘柄でも製造日からの日数で味が変わります。

修道院ビール

ベルギーの修道院ビールとして900年以上の歴史を誇るアフリゲムは「イーストグラス」を用意して、ビールの最後に沈殿した酵母の甘みをじっくり味わうのも乙な楽しみです。こちらはバジルソースとトマトを加えてみたチーズタッカルビですが、アジアの料理とイタリアンな味覚の相性の良さがまた証明されてしまいました。市販の完熟トマトソースをプラスするだけの簡単ひと手間ですが、ぐっとヘルシーな味わいになり、食欲も増進すること間違いなしです。

実食

JPL
+焼肉のタレ・九条ねぎ
の感想

30代男性

辛みの残りにくい九条ねぎだからむしろ国産ホップの苦味がよくわかる!

20代女性

和のビールと合わせ、お米が食べたくなるような味わいでした。

20代男性

焼肉のタレって万能!JPLの締まった苦味が引き立ちます。

アフリゲム
+バジルソース・完熟トマト
の感想

30代女性

料理の酸味でビールの甘みが引き立ちますね。

40代女性

ワインのような特徴的なビールの甘みにバジルがすごく合います。

40代男性

じっくり味わいたいビールで、辛い料理もじっくり味わえました。

ホットプレートのイメージが強いけれど、フライパンで簡単に作れるので、ひとりごはんでもじつはオススメのチーズタッカルビ。うどんやごはんを加え、おじやにして食べたくなってしまうようなうまみの詰まったメニューでした。修道院ビールの持つフルーツのような芳醇さと、日本オリジナルのクラフト感で何層にもなった苦味や香りを持つJPL。ひとつの料理に対して方向性がまったく異なるビールが何種類かあったとしても、ちょい足しを大胆にしてみることでこんなに味わいが広がってしまうんですね!是非、試してみてください。

ベストマッチ索引リスト

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ