[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

食の安全最新情報

放射性物質に関する品質保証体制について

キリンでは、平素より安全で安心な商品をお客様にお届けするため、原材料から製造・流通・販売にいたるまで厳密な品質保証体制の強化に取り組んでいます。
放射性物質に関しても、キリンの分析検査機関である綜合飲料分析センターにおいて、放射性物質(ヨウ素131・セシウム134・セシウム137)の精密な個別分析が可能なゲルマニウム半導体検出器とNaIシンチレーションカウンターを用いた自主検査によって安全性を確認した上で、商品の提供を行っています。

  • 製造に使用する原料水は、取水地近隣自治体の放射能分析結果をモニタリングし、更に自社でも適宜独自に分析を行うことで安全性を確保しています。
  • 原料については、行政のモニタリング情報やサプライヤーの分析結果等を入手するとともに、適宜独自に分析することによって安全性を確認しております。
  • その上で、お客様にお届けする最終商品についても、独自に分析を行うことで安全性の確認をしています。
  • 2012年4月1日より施行された「食品中の放射性物質の新基準値(456KB)」(厚生労働省ホームページ)にも対応しています。

現在、最終商品検査において、放射性物質は検出されておりません。

お客様にご安心いただけるよう、放射性物質に関する保証体制を都度見直し、商品の安全性確保に向け万全を期して参りますので、今後も引き続きご愛飲の程お願い申し上げます。

20164月1日

検査の様子
検査の様子

※ 検出限界値(セシウム134とセシウム137の合計値):酒類10ベクレル/kg、水・緑茶2ベクレル/kg、乳飲料2.5ベクレル/kg、その他のソフトドリンク20ベクレル/kg

Get ADOBE READER

PDF書類を開くためには、「Adobe Reader 7.0」以上のソフトが必要です。 お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。ダウンロードサイトにジャンプします。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ