[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

環境活動・トピックス

2018年1月23日

スリランカで、紅茶葉を栽培する小農園支援と農園の水源地保全活動を開始します

【2020年目標】認証取得支援大農園数:約70農園/認証取得支援小農園数:約7,750農園/水の大切さを学ぶ教育対象住民:約15,000人

スリランカは、「キリン 午後の紅茶」の原料である紅茶葉の重要な生産地です。キリンは、紅茶農園が自然を守りながら継続的に紅茶葉を生産できるように、2013年から持続可能な農園認証制度であるレインフォレスト・アライアンス認証の取得支援を行っています。
2017年末で、累計44農園が認証を取得し、現在も20農園以上で認証取得を目指すトレーニングが行われています。これにより、スリランカの調達先農園の中に占める持続性の高い農園数比率は約50%まで高まってきました。

これらの成果を踏まえて、2018年からは新しい3年計画を策定し、さらにスリランカの紅茶葉栽培の持続可能性を高めていくための3つの取り組みを開始します。

1) 大農園トレーニング対象の拡大。
支援先に20農園を加え、スリランカの調達先農園の中で持続性の高い農園数比率を70%程度まで引き上げていくことを目指します。
2) 小農園への認証取得支援開始。
新たに7000を超える小農園についての認証取得支援の開始です。 これまで認証取得支援を行ってきた大農園の周りには、多数の小農園が取り巻くように存在しています。小農園の茶葉は大農園に売却されて加工されるのですが、これらの小農園では殆ど認証取得が進んでいません。小農園が認証を取得すれば、大農園に継続的に安定した価格で茶葉を売却できるようになります。また、認証を取得することで、小農園も自然環境に十分配慮した茶葉栽培を行う体制が整います。
小農園での認証取得は、多数ある小農園を組織化し、多くのトレーナーを育成しながら進める必要があるため、今回の取り組みは大きなチャレンジとなります。既に認証を取得している大農園の協力も得ながら、順次進めていく予定にしています。
3) 紅茶農園の水源地の保全活動の開始。
スリランカで進められている水源地特定と隔離・保全活動の支援を5か所で行うとともに、農園周辺の住民約15,000人に対して、水を大切に使うための教育プログラムを開始します。近年、スリランカは気候変動の影響を大きく受けて、大渇水と集中豪雨により大きな被害が発生しています。また、生活環境の向上に伴い、生活排水による河川の汚染も問題となり始めています。農園の水源地を守る活動は、持続可能な紅茶葉生産のためにも重要な活動となることを期待しています。
  • ※「持続性の高い農園」には、キリンの支援で認証取得した農園の他に、独自または他の国際機関等の支援を受けて認証を取得した農園が含まれます。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ