[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

キリングループの歴史

  • 文明開花華やかなる明治の頃、ビールは「新時代の飲み物」でした。1888年の「キリンビール」の発売以来、時代がめまぐるしく変化する中でも常にお客さまの暮らしに寄り添い、あたらしい飲みものをお届けしてきました。このページでは、キリンビールを中心としたグループの歩みをご紹介します。
  • ジャパン・ブルワリー重役会議事録

昭和初期の混乱とそれに続く戦時統制

完成時の広島工場

完成時の広島工場

商標が消えた1943年のラベル
商標が消えた1943年のラベル

商標が消えた1943年のラベル

昭和に入ると日本経済は不況に陥り、ビール需要も漸減していきました。販売競争が激しさを増す中で採算を無視した乱売も行われ、市場が混乱するとともに各社の収益は悪化していきました。そこで1928(昭和3)年に当社は大日本麦酒株式会社、日本麦酒鉱泉株式会社とともに生産数量及び販売価格に関する協定を締結しました。翌年には桜麦酒株式会社もこれに加わりました。ところが1930(昭和5)年以降、日本麦酒鉱泉と桜麦酒が相次いで協定を脱退し、独自の方針で生産・販売するようになりました。さらに低価格のビールが発売されるなど、市場はますます混乱していきました。

紆余曲折の末、1933(昭和8)年に大日本麦酒が日本麦酒鉱泉を合併し、さらに当社と共同出資で麦酒共同販売会社を設立することになりました。なお、このとき大日本麦酒は当社にも合同を持ちかけましたが、当社はこれを拒否しました。桜麦酒も麦酒共同販売との共同出資で桜麦酒販売会社を設立しました。このことで生産、販売のほとんどを自主的に調整することが可能になり、市場の乱れに終止符が打たれたのです。

その後、ビール生産は国内消費及び輸出の増加で上昇傾向をたどりました。当社は広島工場と富田製壜工場を完成させ、さらには朝鮮半島、旧満州、中国本土にも次々に工場を建設していきました。そして1939(昭和14)年にビール生産量は戦前のピークを記録しました。

しかしながら日本経済が本格的に戦時統制下に置かれるようになると、ビールも生産制限が始まりました。販売も配給制が敷かれ、ビールびんも共用となり、銘柄別のラベルが廃止されて「麦酒」の文字だけになりました。富田製壜工場は企業整備令により操業を休止しました。そして1945(昭和20)年5月、9月にビールの配給を中止するという大蔵省からの内示を受けて、神崎工場以外はビールの仕込みを中止したのです。
完成時の広島工場

完成時の広島工場

商標が消えた1943年のラベル
商標が消えた1943年のラベル

商標が消えた1943年のラベル

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ