マイページ
  • 商品情報
  • 水分補給
  • スマートストック
  • ゴクゴクマ
水の基礎知識Q&A

水の基礎知識Q&A

Q:水の種類にはどのようなものがあるの?

農林水産省の『ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン』は容器入りの飲用水について、ナチュラルウォーターなどを表示できる条件について細かく定めています。

ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水に、ろ過、沈殿および加熱殺菌以外の処理をしていない水のこと。
ナチュラルミネラルウォーター
特定の水源から採水された地下水の内、地下で滞留、または移動中に無機塩類(ミネラル成分)が溶解した水のこと。ろ過、沈殿および加熱殺菌以外の処理をしていない水のこと。
ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じで、ミネラル成分の調整、オゾンの殺菌、紫外線の殺菌などの方法で殺菌処理をした水のこと。ミネラル分平均値の10〜20%を限度として調整可。
ボトルドウォーター
上記3種類以外の水で処理方法に限定がなく、飲み水として適した水のこと。水道水はこれにあたります。電気分解などの処理はこの区分にはいります。

『アルカリイオンの水』は厳選したおいしい天然水を電気分解することで、アルカリイオン化していますので、分類上はボトルドウォーターになります。

アルカリイオン化
キリンが展開する「水」商品はこちらから

Q:鉱水ってなに?

農林水産省の『ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン』では、原水は7種類に区分され、その中で鉱水とは「ポンプなどにより採取した地下水の内、溶存鉱物質により特徴づけられる地下水」と定義されています。また、上記ガイドラインでは、ミネラルウォーター類の容器などに原水を表示することとなっており、水の硬度によって分類される「硬水」とは別の意味があります。

浅井戸水
浅井戸からポンプなどにより採取された地下水
深井戸水
深井戸からポンプなどにより採取された地下水
湧水
自噴している地下水
鉱泉水
自噴する地下水の内、水温が25℃未満かつ溶存鉱物質などにより特徴づけられる地下水
温泉水
自噴する地下水の内、水温が25℃以上または温泉法第2条により特徴づけられる地下水で、溶存鉱物質などにより特徴づけられ飲用可能な地下水
伏流水
上下を不透水層にはさまれた透水層が河川と交わる時、透水層内に生じる流水
鉱水
ポンプなどにより採取した地下水の内、溶存鉱物質などにより特徴づけられる地下水

Q:軟水と硬水ってなに?

カルシウムイオン、マグネシウムイオンなどは、水に含まれている鉱物イオンで、ミネラルといわれています。このミネラル量の指標が硬度です。この硬度は軟水・中硬水・硬水の3つに分けられ、日本の水のほとんどは軟水になります。一般的にくせがなくて飲みやすいと表現されています。

水の硬度(約)区分 ~100 軟水 100~300 中硬水 300~硬水

※硬水と軟水の区分については、上記以外の基準で区分する場合もあります。

Q:pH値ってなに?

pHとは、水溶液の性質(酸性・アルカリ性)の程度をあらわす単位です。0~14までの数値であらわし、真中のpH7を中性、7より低い方を酸性、高い方をアルカリ性と区分しています。

このページを共有する

お酒に関する情報の20歳未満の方への転送および共有はご遠慮ください。