[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

90年間進化をつづけるキリンレモン ~それは、ブランドへの愛とたゆまぬ努力の賜物だった~

ついに試飲!当時のキリンレモンは再現できたのでしょうか!?

後編

社内に残された30年前のレシピを手がかりに、当時のキリンレモンを再現。OBの方にキリンレモンを実際に飲んでいただきました。昔と今のレシピの違いに迫り、長きにわたり守り続けたキリンレモンの味や開発思想を伺いました。

前列左から:平井さん、浅見さん、横山さん
後列左から:北澤さん、二宮さん、松浦さん

〈OBの方〉

平井勅雄さん
56年入社 94年退社
横浜工場製品担当製品係
にて勤務。
 
浅見敏朗さん
62年入社 99年退社
横浜工場清涼飲料課にて勤務。

 
横山弘史さん
69年入社 16年退社
横浜工場清涼飲料課にて勤務。

〈現役の方〉

北澤あゆみさん
17年入社
キリンビバレッジ株式会社
マーケティング本部
商品開発研究所 飲料開発担当
二宮倫子さん
10年入社
キリンビバレッジ株式会社
マーケティング本部
マーケティング部 商品担当
松浦亜季さん
00年入社
キリンビバレッジ株式会社
マーケティング本部
商品開発研究所 飲料開発担当

約30年前のレシピのキリンレモンを、実際に飲んでいただきました!

松浦 復刻版の味について、感じたことを教えてください。

平井 香りはかなり近いと思いますよ。

松浦 当時の品質の基準がわからなかったため、現在と比べて劣化しやすいのではないかと懸念していましたが、劣化耐性が強くて驚きました。先程、当時から劣化耐性を気にされていたんだとお聞きし、納得しました。

平井 (飲んでみて)味は、私がやっていた頃の味ですよ!美味しい。当時は保存性を向上させるため、処方を見直していたのですが「オリジナルの味わいから変わらないようにする」というのがテーマでありました。それがなかなか難しかったです。これはよくできていますよ。

松浦 ありがとうございます。

横山 (飲んでみて)当時より炭酸が弱い気がしました。当時のものはもっと強かったと思います。甘みに関しては、当時のものはもっと甘すぎなかったような。

平井 確かに炭酸はちょっと弱いかもね。

松浦 もう少し詳しくお聞きしたいのですが・・・。

浅見 昔と同じ糖分量のようですが、後味が甘い感じがしますね。砂糖の原料がちょうど変わり始めていましたね。
全体のバランスもあるのかなぁ…とても冷えているので、泡立ちにくい状態で安定して、香りのバランスが変わった可能性もありますね。もっとたくさん飲んで、当時のようにいろいろ検証してほしいですね。

松浦 甘みと炭酸の関係を、もっと検証してみようと思います。

横山 でも、これは本当によくできていると思いますよ!炭酸と糖のバランスの関係が僕も気になりますが、本当によく再現されていると思いますから、もっともっといろいろ開発してみて下さい。

松浦 いただいたアドバイスをもとに、ブラッシュアップして、よりよい復刻版をつくりたいと思います。

キリンレモンを開発する上で大切にしていたこと(していること)を、OB・現役社員にそれぞれ聞いてみました!

平井 劣化耐性の強い香料を使うようにしていました。いつでも美味しく安心して飲んでいただきたいので、その事は後輩にきちんと受け継いでいきました。名前はキリンレモンだけど、レモンだけが強いとキリンレモンじゃないんですよね。単なるレモンじゃないんです。

浅見 最近流行のフレーバーウォーターとも違うんですよね。独自の味があるんですよ。キリンレモンらしさっていうんですかね。上手く言えないんだけど・・・。そこを私も大切にしていました。

二宮 今回の新しいキリンレモンのリニューアルでは、キリンレモンのポリシーや思想は守りながらも、レモンの香りに関しては、現代の技術があるからこそ実現できる、できるだけ本物のレモンに近い香りを目指してつくっています。

松浦 きちんと確実につくれることを大切にしています。その上であらゆる工夫でおいしいものをつくっていく。おいしさと品質へのこだわりは昔から変わっていないと思います。本日のお話をお聞きしても感じています。

未来のキリンレモンに期待することはありますか?

平井 退職後も気になって、ずっと追いかけて見ています。店頭で子どもがキリンレモンを手に取っている瞬間を見かけると本当に嬉しく感じます。もっと選ばれる商品になるようにがんばってください! 応援しています。

横山 歴史あるキリンレモンはドシっと構え続けていて欲しいです。新しい飲み方を提案してもいいのではないでしょうか。居酒屋とかにあっても面白いかもしれませんね。

浅見 キリンレモンは看板商品です。昔の味を大切にしつつ、今のキリンレモンをつくってください。それを、ひたむきに長く続けていってほしいと思います。

松浦 日々の開発に集中するがあまり、目の前のことばかりを意識してしまいます。でも、本日のお話をお聞きして商品への愛着を持つことや伝統や受け継がれたものを大切にすることの重要さを感じました。今日はありがとうございました。

北澤 レモンの香りの表現など、具体的な課題に対してキリンレモンらしい軸を持って挑むことが大切だと改めて感じました。今日お聞きしたお話を今後のキリンレモンの商品開発に活かしていきたいと思っています。

二宮 昔キリンレモンの製造に携わっていた大先輩とお会いし、お話できたことをすごくうれしく感じました。お話してみて、想像以上にキリンレモンへの愛を感じることができましたし、ずっと昔から品質を当たり前に大切にしてきたことが、今のキリンレモンにもちゃんと受け継がれているんだなぁ、と実感できました。
皆さんに「やったな!」と思ってもらえるよう、さらにお客様に愛されるブランドに育て、未来につないでいきたいと思います。

多くの社員の知恵や愛情が詰まり、受け継がれてきたキリンレモン。おいしさと品質を保持するための理念に歴史が積み重なり、手に取ってくださるお客様が長年いるからこそ、キリンレモンがロングセラーブランドとして今も息づいているのです。

変わらないもの、変わったもの、すべて「人」から「人」へ受け継げられ、時代に適合しながら進化を続けてきました。これがキリンレモンのDNAであり、アイデンティティです。これからも愛されるブランドを目指してたゆまぬ努力を続けていきたいと思います。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ