[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

  • 商品情報
  • アルカリキッチン
  • 水分補給
  • スマートストック
  • ゴクゴクマ

震災後の水分補給・ストックに関する調査 Vol.5 地震以外にも水の備蓄が必要になる自然災害は頻発
50%以上の人が自然災害を意識していながらいまだ備蓄量は不足
災害対策は"もしも"から"いつも"へ!
~ スマートストックで身近なリスクに備えよう ~


自然災害を意識している人の水の備蓄本数はそうでない人の約2倍だが、それでも備蓄量は不足

普段から「自然災害」のことを
意識していますか?

普段から自然災害を意識しているか聞いたところ、全体の半数以上が「意識している」と回答しています。
また、普段から地震を含む自然災害を意識している人は、一世帯平均2リットルペットボトル5.22本の水を備蓄しており、そうでない人の約2倍の量の水を備蓄してることがわかりました。ただ、一人当たり3日間に必要な備蓄本数が2リットルペットボトル5本であることを考えると、一世帯あたりの備蓄量はまだ足りないようです。

普段、2リットルペットボトルミネラルウォーターを何本備蓄していますか?
×
普段から「自然災害」のことを意識していますか?

普段最も意識している自然災害、約7割が「地震」

普段最も意識している自然災害は67.5%の人が「地震」と回答。その一方で、17.2%が「台風」、6.0%が豪雨など、「地震」以外の自然災害を最も意識している人は全体の3割という結果になりました。また、この一年で自然災害が増えたかという質問に対しては、35.3%が「増えた」と感じていると回答しました。

普段、最も意識している
「自然災害」はなんですか?

この一年(2013年6月~2014年5月)で
ご自身の住む地域での「自然災害」は
増えたと思いますか?

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ