[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

  • 商品情報
  • アルカリキッチン
  • 水分補給
  • スマートストック
  • ゴクゴクマ

運動時に暑さに負けないためには

からだは環境が変わると、その環境に慣れる力を持っています。
しかし、気温が高い、湿度が高いなど、環境が急に変わると、子どもでは体内の水分バランスが崩れたり、 体温調節機能がうまく働かずに、熱中症や運動パフォーマンスの低下につながります。
運動時は、運動環境やコンディションに気を配りながら、少しずつ暑さにからだを慣らしていくことが大切です。

こんな環境条件のときは暑さ対策を積極的に行おう!

自然環境 気温が高い、湿度が高い、日差しが強い、風が弱い
季節 6月~9月
(とくに梅雨の合間・気温が急激に上がる日・暑くなりはじめの数日間は要注意)
時間帯 10時~18時

暑い環境で体調を維持する4つのポイント

監修:村岡 功(早稲田大学スポーツ科学学術院教授 医学博士)

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ