[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

  • 商品情報
  • アルカリキッチン
  • 水分補給
  • スマートストック
  • ゴクゴクマ

妊娠・授乳期には

妊娠期は血液量が増えるため、水分の補給が特に重要です。
つわりの時期は脱水状態になりやすいので、食事がとれなくても水分だけはとるようにしましょう。
水分を控えることによりさらに脱水症状が進み、代謝が滞ることにもなりかねません。
むくみは減塩と安静によりある程度解消されるので、適度に水分をとり、
代謝を促すことが大切です。

授乳期の赤ちゃんは、おっぱいから栄養分を吸収しています。
母乳にはたくさんの水分が含まれているので、赤ちゃんにとって
大切な水分補給源でもあるのです。お母さんのためにも、赤ちゃんのためにも、
適度にからだを動かし、のどが渇く前からまたはのどの乾きに応じてこまめに
水分をとりましょう。

監修:池下育子(いけした女性クリニック銀座 院長)

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ