[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

酒・飲料の歴史 日本のビールの歴史 酒・飲料の歴史 日本のビールの歴史

時代別解説

江戸時代後期〜幕末(〜1868)

日本人とビールの出会い

(7)遣米使節団のビール体験
慶應義塾の創始者として知られる福沢諭吉

慶應義塾の創始者として知られる福沢諭吉(国立国会図書館 蔵)

幕末期には、西洋の政治制度や社会思想を学ぶため、幕府や一部の藩によって欧米へ使節団が派遣された。使節団員の中には、欧米の国々や船上で初めてビールを口にする者も少なくなかった。
1860(万延元)年、幕府はアメリカに初めての使節団を派遣する。この一員であった仙台藩士の玉虫左太夫は、軍艦ポーハタン号の船上パーティーの様子を書き残している。パーティーで出された「肉饅頭」、「焼鳥」、「蒸餅」などの食べ物は「臭気鼻ヲ衝キ予輩ノ口ニ合ズ」と気に入らなかったようだが、ビールは「苦味ナレドモ口ヲ湿スニ足ル」と記している。

ポーハタン号には、通訳見習いとして立石斧次郎という17歳の若者も乗り込んでいた。幼名を「為八」といい、日本人から「ため」と呼ばれていたことから、アメリカ人たちの間ではそれがなまって「トミー」という愛称で親しまれていた。

この「トミー」が、兄・小花和重太郎とビールを酌み交わす貴重な写真が残っている。1867(慶応3)年に大坂で撮影されたものらしく、ちょんまげ姿でビールを飲む日本人の写真は、この1枚しか現存しない。おそらく彼もアメリカでビールの味を覚えたのではないだろうか。

またポーハタン号に随行した咸臨丸で渡米し、2年後の1862(文久2)年には欧州使節団の一員として渡欧した福沢諭吉は、西洋の食事やアルコール類について、著書『西洋衣食住』の中に記している。ビールについても触れており、「其味至て苦けれど、胸膈を開く為に妙なり。亦人々の性分に由り、其苦き味を賞翫して飲む人も多し」と評している。
ガラスコップで兄の小花和重太郎(左)とビールを酌み交わす立石斧次郎

ガラスコップで兄の小花和重太郎(左)とビールを酌み交わす立石斧次郎(小花和平一郎氏 蔵)

福沢諭吉の代表作である『西洋事情』

福沢諭吉の代表作である『西洋事情』(慶應義塾大学図書館 蔵)


おすすめ記事

RECOMMEND ARTICLES

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ