[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

商品ブランドの歴史 商品ブランドの歴史

ロバートブラウン

1977年発売時パッケージ

1977年発売時パッケージ。つり鐘をモチーフにしたユニークなボトルデザインは現在も引き継がれている。


富士御殿場蒸溜所 第一号ウイスキー 「ロバートブラウン」

日本で、日本人にあったウイスキーをつくりたい、日本で世界に通用するウイスキーをつくりたい・・そんな想いでつくられた「ロバートブラウン」。

ウイスキーが日本に本格的に普及したのは第二次世界大戦後のことです。1950年代後半からハイボールなど新しいウイスキーの飲用スタイルが普及しはじめ、豊かさを求める人々の上昇志向に応える価格・クラス別の品揃えの充実と飲みやすい水割りスタイルの提案により、ウイスキーブームが起きていました。1971(昭和46)年には、アメリカのバーボンウイスキー、フランスのコニャックに続いて、イギリスのスコッチウイスキーが輸入自由化。翌年には関税も引き下げられたことで、高級酒の扱いを受けていたウイスキーは手が届きやすくなり、輸入洋酒(※)ブームが起きました。
(※ここではウイスキー、ブランデー、リキュール類などを指します。)

そのようななか、キリンビール株式会社は、1971(昭和46)年9月14日、アメリカのシーグラム・オーバーシーズ・セールス・カンパニーの製品の国内販売を開始し、洋酒事業に参入しました。翌1972(昭和47)年8月3日、当社とシーグラムグループの合弁会社として、キリン・シーグラム株式会社を設立し、静岡県御殿場市に蒸溜所の建設を開始しました。夏は涼しく、冬は厳しい寒さになり、霧が多い御殿場は、スコッチウイスキーの産地であるスコットランドのハイランド地方に気候が似ていたのです。およそ50年の歳月を経て濾過され、自然によって研かれた富士の伏流水がマザーウォーターとなりました。

国産初の商品の計画は、シーグラムグループと提携した1971(昭和46)年から始まっていました。ウイスキーの調合(ブレンディング)を担当するブレンダーは、1971(昭和46)年のスコットランドとアメリカでの技術研修で、競合会社の製品と比較しながら、4種類合計93種のサンプルを試作しました。社内の試飲を経て、ブレンドの基本的な処方を固め、1972(昭和47)年7月、再度試作品作成のために渡米しました。スコットランドから運ばれてきた原酒をもとに、アメリカ・ボルチモアのダンドーク工場で試作品をつくり、同年10月に日本に輸入しました。日本で、世界に通用する高品質の商品を売り出すという当初からの方針に従い、3種類に絞られたサンプルの中から選ばれたのが、香りがよく口当たりがスムーズな「ロバートブラウン」だったのです。


1977年発売時パッケージ

1977年発売時パッケージ。つり鐘をモチーフにしたユニークなボトルデザインは現在も引き継がれている。


1998年に発売されたロバートブラウンスペシャルブレンドのパッケージ

1998年に発売されたロバートブラウンスペシャルブレンド。20年モルトをトップドレッシングして、熟成香に磨きをかけている。


商品名は、社内外から挙がった約1,300の候補の中から、「ロバートブラウン」が選ばれました。かつてシーグラム社がスコットランドに所有していた古いスコッチウイスキー蒸溜所の名前であるこの名称は、シーバス・ブラザーズ社の伝統と経験を引き継いだキリン・シーグラムによって初めて製造される本格的ウイスキーにふさわしいものとして選ばれました。ちなみに、「ロバート・ブラウン」という名前はスコットランド人の典型的な名前のひとつでもあるそうです。

びん型は、シーグラム社の国際的なパッケージング・デザイナーであるW・コーナー氏が来日し、京都の古い寺の釣鐘からヒントを得て創作したものです。

現在のロバートブラウンは80〜90%が国産で、あとの10〜20%が海外から輸入している原酒をブレンドし、20種類くらいの原酒をブレンドしています。ブレンダーの高い技術によってブレンドされた品質は安定し、ブレンドする原酒が多いほうが、10年前の味も今の味も変わらないのです。ウイスキーのブレンダーは水とウイスキーを常温で1:1で割って飲んで味覚を確認します。香りはアルコールの中に閉じ込められているので、それを溶かすために水を入れるほうがいいのです。しかし、楽しんで飲むためには1:3、1:2くらいの割合で割ったほうがいいし、冷たいほうが甘みを感じます。みなさんも今宵「ロバートブラウン」で試してみては。


1998年に発売されたロバートブラウンスペシャルブレンドのパッケージ

1998年に発売されたロバートブラウンスペシャルブレンド。20年モルトをトップドレッシングして、熟成香に磨きをかけている。


おすすめ記事

RECOMMEND ARTICLES

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ