[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

文化学部

No.39

ちゃんと聞いて!国によっては公共の場でビールを飲むと罰せられることもあるのよ!

夏の旅で出会うビールマナー

ちゃんと聞いて!国によっては公共の場でビールを飲むと罰せられることもあるのよ!

アメリカで人気のビールの小びん。カジュアルなサイズが素敵!って人が多いのも確かよね。だけど、実はもうひとつ理由があるの。
アメリカではほとんどの州で公共の場所での飲酒が禁じられているの。この条例は市や州が独自に決めたものなので、罰金や厳しさは場所によってさまざま。とにかく、公共の場所での飲酒はダメよ。なめてると、御用になるわよ。 でも「酒かどうかわかんなきゃいいよね」ということで、酒びんを茶色い紙袋に入れて、そこから飲む、という人もいるのよね。これにぴったしなのが、小びんというわけ。ビミョ~なとこをつくわね。
もちろん大びんやウイスキーボトルを紙袋に入れて飲んでいる人もいるけど、大きくても小さくても違反は違反よ。地元の人がやっているからというのは理由にならないわ。マネしないでね。冗談抜きに、海外で逮捕はシャレになんないわよ。アメリカではアルコール類を買う時も、身分証明書で年齢を確認されることがあるわ。表での飲酒は慎重にね。
でも、屋外で飲むビールは爽快よね。アメリカでも歩道沿いのカフェ(オープンテラスね)や、船上での飲酒は許されているところがあるの。このあたりが、粋なところよね。アメリカ~ン!

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ