[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

文化学部

No.38

タイ、シンガポールのビールはオンザロックが常識。ビールのロックンローラーね!

夏の旅で出会うビールマナー

タイ、シンガポールのビールはオンザロックが 常識。ビールのロックンローラーね!

タイ、シンガポール、ヴェトナム……。アジアのレストランでビールと一緒に氷がいっぱい入ったジョッキが出てきたら、どうする? 「いやあ気が利くなぁ、グラスを冷やしているんだ」って思った人、その氷をどこに捨てるのよ?ちょっと頭を冷やした方がいんじゃない。正解は「氷の入ったジョッキにドバドバビールを注ぐ」なの。パワー、ありあまってるわね。
アジアでは「ビールのオンザロック」は常識よ。ガッと注いで、グィッと飲む。またガガッと注いでグィグィッと飲む。益荒男!と叫びたくなるわ。暑いアジアの夏には最高の飲み方ね。
もともとは冷房設備の整わないレストランで始まったというビール・オンザロック。でも手軽に冷え冷えのアルコール飲料が楽しめることから、アジア圏でまたたく間に広まったの。流儀としては、ジョッキに氷を入れて、そこにビールを注ぐ。そしてちょっと置いてから飲む。ワンテンポ置くことでビールがいい感じに冷えるのね。あと、オンザロックの時はちょっと濃い目のビールを選ぶといいわ。肉食系の飲み方ね。少し前にキリンも「アイス・プラス・ビール」というオンザロック用のビールを販売したことがあったっけ。うまさがキーンとのどを駆け抜けてうまいのよ~ん。

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ