[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

文化学部

No.35

イギリスのパブでゴクゴク、プハーッ!はみっともないからおやめ!

夏の旅で出会うビールマナー

イギリスのパブでゴクゴク、プハーッ!はみっともないからおやめ!

ビールはプハーッと豪快に、喉ごしを楽しむもの、って、信じてない? でも、ところ変わればマナーもかわるの。ビールによってはチビチビとくちに含むように味わう、というものもあるのよ。まったく奥が深いんだから、ビールちゃんて。たとえば、エール(Ale)。エールは上面発酵酵母でつくるビールで、泡がほとんどたたないし、常温で飲むのが普通。英国パブでよく飲まれているのは、これよ。意外だったかしら。
このエールはおしゃべりしては一口、思い出したように一口、とチビチビ飲むのが正統派。約570mlのパイントグラスのエールを小1時間かけて味わうの。せっかちは禁物よ。もちろんパブでもラガー(日本のビールはほとんどこれ)はゴクゴク、プハーッでかまわない。ビールにもいろいろあることを、覚えておきたいわね。イギリスのパブでエールに挑戦するあなたに、エールを送るからね!

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ