[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

文化学部

No.16

ナプキンを首からかけるのはお子ちゃまだからや~よ。

洋食のマナー

ナプキンを首からかけるのは
お子ちゃまだからや~よ。

ナプキンは最初、テーブルの上に置かれてるわよね。席に着いたら頃合いをみて手に取り、二つ折りにして膝の上にのせましょうね。頃合い? う~ん、目安はドリンクのオーダーが済んだころかしら。たまに首からナプキンをかけている人を見かけるけど、欧米では子ども以外はナプキンを首からかけないのが常識だから覚えておいてね。これやっちゃうと、大人として穴があったら入りたいほど恥ずかしいわ。ナプキンを膝に置くときは、折り目を手前にするのが正式だけど、口を拭くときに都合がいいように、折り目を外側にして使っても、マナー違反というわけじゃないからね。手や口の汚れを拭くときは、ナプキンの内側(裏側)を使ってよね。真ん中を広げて使うのではなく、端を持ち上げて拭くほうが上品に見えてスマート。それにちょっとかわいいでしょ。

LESSON!

手や口の汚れを拭くときは内側(裏側)を使うのよ。
ナプキンは二つ折りにして膝の上にのせなくちゃね。

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ