[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

文化学部

No.55

ビール&料理ベストマッチ大百科

「おでん」

キリンビール大学 文化学部 ビール&料理ベストマッチ大百科 「おでん」

クリスマス、忘年会、お正月、新年会……何かと人々が集う機会の多い冬の季節。日本の冬といえば、鍋やおでん。今回提案するのは具材をひとくちサイズで串に刺し、パーティーシーンで人気のピンチョスなどのフィンガーフードのように手軽に、見た目も楽しくコーディネートしてみたパーティーに映えるおでんです。生姜醤油と八丁味噌をそれぞれちょい足しにしてマッチングを楽しんでみませんか?

鉄板セレクト with 生姜醤油

練り物と生姜で引き立つ
究極的・大人のビール

IPL
  • アルコール度:普通
  • 苦味:★★★☆
  • コク:★★★☆

エールのような豊潤さとラガーのようなキレを併せ持ち、モルト感よりもIPAのように濃密なホップ感が強いのが特徴。色は黄金色から琥珀色で見た目にも美しいビールです。

IPL

ガツっと苦味を堪能できるビールには、ピリッとした辛味の生姜を合わせてみました。ビールもつけダレも刺激的ですが、そこに味わいを少しまろやかにしてくれる練り物を挟むことによって味わいの幅がマイルド方向にもぐっと広がるのがとても面白いところ。夏と違ってのどごし重視でゴクゴクとビールを飲むというよりは、じっくりと多層的な味を堪能してみたい方にオススメです。

大胆セレクト with 八丁味噌

冬のコクは味噌で引き出す
酸味や甘味のマリアージュ

スタウト
  • アルコール度:普通
  • 苦味:★★☆☆
  • コク:★★★★

英語で「どっしりとした、丈夫な」という意味の名前のとおり、独特の苦みと香りが特徴のスタウト。麦芽化されていない大麦を焙煎したことによる見た目の黒さもインパクト大です。

スタウト

プチトマトや小さめにカットしたこんにゃく、大根などのプレーンな食材を中心にしたおでんは、味噌という発酵食が持つ深みある甘さが、コクが魅力のスタウトとベストマッチ。また、常温になってからがその味わいの本領を発揮するとも言われるスタウトは、温かいお料理とも相性抜群です。味噌と黒ビールをタコ串などと合わせるとまるでチョコレートのような味わいも。

実食

<IPL with 生姜醤油>
の感想

20代男性

優しく、ビールの苦みがまろやかになりました。

40代男性

そもそも生姜醤油でおでんを食べるのは初体験でしたが、最高ですね!

30代女性

すりおろされた生の生姜は香りの立ち方が抜群。ビールが進みます!

30代男性

コクとキレと甘み。醤油なし生姜のみでも、出汁がしみて十分美味しい。

<スタウト with 八丁味噌>
の感想

30代男性

ちょっと苦手かもと思っていたスタウトが好きになりました。相性がいい!

20代女性

トマトの酸味と甘みが引き出されてる!

50代男性

タマゴと味噌とギネス、スコッチエッグのようにコクが出ますね。

30代女性

おでん屋さんだとほぼ日本酒だけどスタウトとこんなに合うとは。面白いです。

おでんの出汁はシンプルに昆布と鰹でとり、普段はカラシに頼りがちなおでんのちょい足し風味が、生姜醤油と八丁味噌を用意するだけでぐっとバリエーション豊かに、変化を味わえるよう、工夫しました。具材も小さめに用意することで出汁が染み込みやすくなります。今回のように味付けも何種か用意して、それぞれのおでん串とつけダレ、そしてビールの組み合わせから感じ取った味や感想を自分の言葉で表現してみることで味覚もどんどん広がりますよ。大人のおでんパーティー、ぜひ開催してみてください。

家で試すならこの1本

スプリングバレーブルワリー 496330ml

商品情報はこちら

ギネス エクストラスタウト330ml

商品情報はこちら

ベストマッチ索引リスト

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ