[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

部活動

No.31

はじめての「屋形船」

はじめての屋形船

ABOUT

お酒の楽しみ方は多種多様。というわけで、20歳からの奥の深~いビールの楽しみ方を、幅広く探っていくこの講義。今回は古き良き「屋形船」がテーマです。

屋形船はこんなシステム SYSTEM

屋形船って「船で宴会」ってイメージですよね。

実際東京湾の屋形船は…・予約制 ・2〜3時間の周遊コース ・コース料理 ・お酒(飲み放題)

というのが基本システム。団体で貸切宴会ぽさ満点。

だがしかし!

個人利用の方多いですよ。近頃は。

そう!近頃は海外の方はじめ、個人利用が人気だそうなんです。

そこで、今回は友達同士での屋形船レポートです。

参加してくれたのは屋形船初挑戦の4人。

薫子(21)

フリーランスモデル
@_kaoruko___

テラカド サンタ(22)

マジシャンとして
TV出演もするアーティスト

老月ミカ(21)

黒い服が大好きな学生
&インフルエンサー

Joh(22)

週3は飲みに行く
お酒を愛する学生&モデル

LET’s GO!都会の喧騒を抜けると、そこは江戸の世界!

最先端ビルが立ち並ぶ品川駅からわずか10分。
突然、江戸の風景が広がっているんです。これから始まる粋な船遊び。テンションも上がります。

やばい!非日常すぎる~!!

いつもは立ち飲みだけど、今日は優雅に飲めそうだ~(笑)

01まずは船着き場から HARBOR

船着場の木の桟橋から、屋形船へ飛び乗る。
浮き沈みで揺れる感じが船だな~。
入口で靴を脱いで上がると、長~いお座敷が。
広々としたこの船は、60名まで宴を楽しめるのです。

02いざ出航 DEPARTURE

ブルルルトントン。心地よいエンジン音が響き出航だ。
波しぶきをあげ、潮風を感じながら、運河を進んでいきます。
シーサイドの風景を、海から眺めるのはまた格別。
運河に架かる橋すれすれのところを通るのもスリル満点!
東京港に出た瞬間、パーッと視界が開けます。

デッキ超気持ちいい~!レインボーブリッジを下から眺めたの初めてだ!!

船からでしか味わえない風景ですよね。

波と夕日の感じがめっちゃいい!

お写真撮る時は、船や手すり、提灯を入れると屋形船ってわかっていいですよ。

東京タワー、レインボーブリッジ、お台場、豊洲、高層ビル・・・。東京港は360°パノラマで東京が見渡せる絶景ポイント。特に美しいのが日没後のマジックアワー。金色に輝く空に、明かりの灯り始めたビル群。芸術的な写真を撮るチャンスです。ちなみにデッキは潮風が涼しいので、暖かい日でもカーディガンなど上に羽織れる服を一枚持っていくといいですよ。

03江戸の風情を楽しむお料理とビール FOOD&BEER

さあ、お台場で停留し宴の始まり始まり。
「イエイ!かんぱ~い!!」4人の笑顔が弾けます。
筍と若芽煮の突き出し、カレイの雲丹焼きの前菜、鮪や平目の舟盛り、
蕗と巻湯葉の小鉢などが所狭しと並んでいます。
「はい、揚げたての天ぷらですよ!」船頭さんの威勢のよい声が。

瓶ビールで、まずは注ぎ合いのコミュニケーション。その後はマイペースで。天ぷらもお刺身も、ビールとの相性抜群。思わずもう一杯。春は桜の天ぷら、秋はキノコご飯など、お料理でも季節を楽しめます。波に揺られながら、窓から見える提灯や街の灯りもおつまみに。そうです。ここでは景色もご馳走なんです!

凄い!さくさくでめっちゃおいしい!一品ずつ持ってきてくれるんですか?

はい、熱々を楽しんでいただけるように。最初お塩で召し上がっていただいて、天つゆでもどうぞ。

うわ。ビールの大びんはじめて見た!このトロやばい!口の中でとろけちゃう。

トロ、こだわってますよ。最適といわれる-60℃で管理してますからね。

お客さんがいっぱいの時って、みんなでワイワイ盛り上がると、ビール足りなくなっちゃうことありませんか?

たま~にありますね。そんな時には同じ船宿から出ている船に無線して、後ろでビールもらうこともあります。

若い人たちはどんな感じで屋形船利用するんですか?

カップルが多いですね。彼女の誕生日に彼氏がサプライズで船の上でお祝いしたり。

大学の卒業時のパーティーだったり、仲間たちで楽しんだり、若い人たちもだいぶ増えているそうです。
「夜景がキレイですよ。デッキ行ってみましょうか。」船頭さんにうながされて上がってみるとそこは別世界!

ライトアップされたレインボーブリッジに東京タワー。高層ビルや屋形船の煌めき。水面にうつる光がまた美しい。ほろ酔い気分の4人も思わずうっとり。「屋形船、サイコー!!」感動しっぱなしのお江戸海上小旅行でした。

GOAL! はじめての屋形船、いかがでした?

僕はマジシャンでもあるので、屋形船でマジックショーしてみたいなって。
いろんなネタ仕込めそう。みんな飲んでいるから失敗しても大丈夫かな(笑)

デートとか、やっぱり最高ですね。連れてきてもらったら、めっちゃうれしい。
ポイント高いです。他の友達にも体験させてあげたいな。

私的に同じ景色を見ていると飽きてしまうので、眺めがどんどん変わることで、その場その場の風景を話題にできるのでいいなと思いました。

ほんとにビールによく合うんですよ、どの料理も。
特に天ぷらが。
ビールも料理も夜景もおいしい。お酒好きからしたらこれ以上の幸せないですよ。

素敵な非日常体験を共有することで、船を降りる頃には、さらに和気あいあいになっている4人でした。「さんちゃんと呼んでください」という気さくな船頭さんとのコミュニケーション。のんびり揺られながらの四季折々のご馳走に冷えたビール。デッキから眺める夕日や宝石のような夜景。そして江戸情緒。陸では体験できないお酒の楽しみ方がいっぱいの「屋形船」の世界。いつもと違う場所での交流だからこそ、より関係が深くなるなんていうことも。みなさまも、ぜひ味わってくださいね!

今回お世話になった「船清」さん

東海道第一の宿場・品川。江戸の風情あふれる「屋形船」を通じて、東京の魅力をずっと伝え続けている『船清』さん。お客様との出会い、一期一会を大切に、きっぷのいい女将さんが迎えてくれます。

〒140-0001 東京都品川区北品川1-16-8 船清ビル
https://www.funasei.com/

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ