[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

部活動

No.25

ガラス工房でビアグラスづくり!

はじめての器づくり

ガラス工房でビアグラスづくり!

ガラス工房でビアグラスづくり!

1日体験教室で、真剣勝負のガラス吹き!美味しいビールを飲むために、
自分専用のビアグラスを作ってみました。

1.ビアグラスの大きさと色を決める

先生と相談しながら、ビアグラスの大きさと色を決めます。
エプロン姿に着替えたら、さっそくガラス吹き開始!

2. 少しずつ息を吹き込んで、カタチづくり!

熱々の溶けたガラスを“吹き竿”の先に巻取り、少しずつ息を吹き込みます。

ガラスが冷めたら炉で温めて、また息を吹き込む。焼戻しを3回ほど繰り返します。
カタチが崩れないように一定のスピードで竿を回すのがポイントです!

3.グラスのカタチを整えます

金属の“ハシ”という道具や、湿らせた新聞紙“紙リン”を使って、慎重に形を整えていきます。
紙リンをガラスに当てたときのジュージューという迫力ある音がたまらない!

4.最後の仕上げ!

ビアグラスの呑口をつくるために、吹き竿から別の竿にガラスを付け替えます。
力を入れ過ぎると簡単に割れてしまう、緊張の一瞬!

ガラスを焼戻しながら、バシを使って 少しずつ広げていきます。
丸く広がったらビアグラス完成間近!

5.ゆっくり冷まして出来上がり!

ポンテ竿から外して約15時間、徐冷炉で冷ましたら完成です!

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ