[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

部活動

No.11

自分のお酒の適量はどのくらい?

自分のお酒の適量はどのくらい?

飲める量はカラダの大きさに関係があります

よく「女性は男性よりお酒に弱い」と言われますが、これは血液の量と大きな関係があります。
血液は体重の約7%。つまり100キロの人なら約7キロ。50キロの人はほぼ半分の3.5キロほど。 ということは、同じ量のアルコールを摂取すると、体重の軽い人ほど血中アルコール濃度が高くなる。つまり酔いやすいのです。

お酒との相性は「体質」でも

体重だけじゃありません。酔いやすさはホルモンや年齢にも左右されます。 よく”アルコールが苦手な体質”という人がいますが、これは遺伝的にアルコールを分解する酵素が足りないのです。
お酒がまったく飲めない、少し飲めるけどすぐ悪酔いする、という人は、この酵素が足りません。驚くことに、日本人の約44%がこうした体質なのです。
「鍛えれば飲めるようになる」と飲酒を強要する人がよくいますが、これはまったくのウソ。無理に飲んでもお酒に強くはなりませんよ。

アルコールが苦手な体質”の人の割合

おすすめコンテンツ

TOPへ戻る

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ