[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

生活者調査

コロナ禍で変わる時間のメリハリ

オンライン化が進む中、
家での気持ちの切り替えはできていますか?
コロナ禍で変わった時間の使い方や生活習慣はありますか?

コロナ禍で変わる時間のメリハリについてお聞きしました。気持ちを切り替えたい頻度が増えたと答える人はおよそ半数です。オンラインワーク実施者の中で、切り替えたいタイミングは「オンラインワークを始める」、切り替えるためにすることは、「飲み物を飲む」がトップでした。

 また、コロナ禍で機会が減って寂しいことは、「友人・仲間との外食」がトップ。逆に、機会が減ってうれしいことは、「仕事関係者と飲み会」がトップでした。生活習慣では、いつもより時間をかけて料理や掃除といった家事をする割合は、男女ともに5月と比較して減っていました。

一日の中で気持ちを切り替えたいと感じる頻度に変化はありましたか?

  • ■ 増えた
  •             
  • ■ 変わらない
  •             
  • ■ 減った
19時間~24時間 41.2%

PDF書類を開くためには、「Adobe Reader 7.0」以上のソフトが必要です。
お持ちでない場合はこのボタンをクリックしてください。ダウンロードサイトにジャンプします。

「生活者調査」のその他の記事

PICK UP

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ