[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

試合詳細レポート

2016

試合結果 KIRIN CHALLENGE CUP 2016 長野/松本平広域公園総合球技場アルウィン 2016年6月29日 U-23日本代表 対 U-23南アフリカ代表 4:1

試合結果 KIRIN CHALLENGE CUP 2016 長野/松本平広域公園総合球技場アルウィン 2016年6月29日 U-23日本代表 対 U-23南アフリカ代表 4:1

立て続けのゴールで一気に逆転!

 世界へ飛び出す若きサムライたちが、頼もしい姿を見せつけた。
 6月29日、『キリンチャレンジカップ2016』が長野県松本平広域公園球技場で行われ、U-23日本代表がU-23南アフリカ代表と対戦した。両国にとって、重要な意味を持つ一戦である。
 U-23日本代表を率いる手倉森誠監督は、チームの基本布陣と言ってもいい4-4-2のフォーメーションを選んだ。GKには櫛引政敏(鹿島アントラーズ)が指名され、最終ラインは右から室屋成(FC東京)、中谷進之介(柏レイソル)、植田直通(鹿島アントラーズ)、亀川諒史(アビスパ福岡)の4人で構成される。ダブルボランチは井手口陽介(ガンバ大阪)と大島僚太(川崎フロンターレ)が構成し、二人は上下左右にポジションを変えながら攻守のバランスを整えていく。大島はゲームキャプテンを務める。
 2列目は右に野津田岳人(アルビレックス新潟)、左に矢島慎也(ファジアーノ岡山)が入り、2トップは中島翔哉(FC東京)と浅野拓磨(サンフレッチェ広島)だ。中島はサイドに流れたり、中盤に下がったりもする。
 序盤は南アフリカに攻められる場面もあった。それでも、20分に野津田が決定的なシュートを放つ。24分には南アフリカにゴールを脅かされるものの、GK櫛引がしっかりと対応して得点を許さない。
 この試合最初のゴールは、30分に生まれた。ハンドによるPKから、南アフリカに先制点を奪われてしまったのである。
 しかし、日本はすぐに反撃する。31分に中島、35分に亀川が際どいシュートを浴びせると、37分に同点へ持ち込む。井手口のタテパスを浅野がワンタッチで流し、パスを受けた矢島が大島へつなぐ。フリーでペナルティエリア内へ侵入した大島は、GKの動きを見て横パスを出す。こちらもフリーで走り込んだ中島が、左足でしっかりとプッシュした。
 45分には追加点をあげる。中盤左サイドの中島が、右サイドの矢島へサイドチェンジのパスを供給する。矢島はオーバーラップした室屋へパスし、ゴール前へポジションを移す。室屋からリターンパスを受けた矢島は、右足でネットを揺らした。ゴール前へのランニングで相手DFを惹きつけた浅野と野津田の動きにも、触れておくべき場面である。1点目に続いての、鮮やかなコンビネーションだった。
 後半が追加タイムに入った45+1分にも、日本はスタジアムに歓喜を呼び込む。相手ゴール前で浅野がボールを奪い、中島がヘディングシュートを突き刺したのだ。相手のスキをついたしたたかな追加点で、日本は3対1とリードを広げたのだった。


チーム全体の高いクオリティを発揮!

 後半開始とともに、手倉森監督は二人の選手を交代する。野津田に代わって伊東純也(柏レイソル)が出場し、浅野と伊東の2トップとなる。中島は2列目の左サイドへポジションを下げ、矢島が左から右へスライドした。
 もうひとりは井手口から原口力(川崎フロンターレ)への交代で、こちらはボランチ同士である。原川はタイミングの良いタテパスで、攻撃にスイッチを入れていく。
 選手が入れ替わっても、日本は試合の主導権を譲らない。後半開始直後の48分には、リードを3点差に広げる。植田のタテパスの処理に相手CBが戸惑うと、浅野がすかさずボールを奪う。そのまま右足でシュートし、チームに4点目をもたらした。
 直後の51分、大島と橋本拳人(FC東京)が交代する。ダブルボランチは原川と橋本のコンビとなった。
 その後も日本はチャンスを作り出す。54分、伊東のラストパスから浅野が狙い、56分にも伊東のチャンスメイクから、中島がゴールへ迫った。
 59分、4人目の選手交代が行われる。浅野が退き、豊川雄太(ファジアーノ岡山)が出場する。豊川は浅野と同じ最前線に入り、伊東と2トップを組む。
 今回の『キリンチャレンジカップ2016』は、世界大会前に国内で戦う最後のゲームだ。勝利を目ざすのはもちろんだが、できる限り多くの選手を起用するのも重要なテーマとなる。64分には橋本が、左足ミドルシュートで相手GKを脅かした。
 67分にも交代選手が送り出される。亀川がベンチへ下がり、松原健(アルビレックス新潟)が出場する。亀川の左サイドへ室屋がポジションを移し、松原は右サイドを担当する。
 選手が入れ替わるだけでなく、配置も頻繁に変わるなかで、日本は意欲的な姿勢を崩さない。5点目を貪欲に目ざしていく。72分、矢島の右CKから中谷が放ったヘッドは、左ポストをかすめるように逸れていった。
 79分、この試合最後の選手交代が告げられる。矢島に代わって鈴木武蔵(アルビレックス新潟)がピッチに立ち、中島と2トップを組む。2列目は右が伊東、左が豊川となった。鈴木は前線からボールを追いこみ、守備でも貢献していく。
 すでに勝利は決定的となっているが、日本は最後までチームとしてのクオリティを発揮する。88分、右サイドの松原のクロスを、豊川が決定的なヘディングシュートへつなげた。
 難敵の南アフリカから4点を奪い、日本は勝利をつかんだ。出場した選手がそれぞれに持ち味を出した展開に、試合後の手倉森監督は「国内最後の強化試合にこれだけ多くのファン・サポーターが来てくれ、その期待に応えられて良かった」と語った。若きサムライたちは自らの可能性を示し、次の舞台へ羽ばたいていったのである。

試合データ

■6月29日 松本平広域公園総合球技場アルウィン
日本代表 [4-1] 南アフリカ代表

日本代表選手集合写真
  • 日本代表選手集合写真

写真提供/©JFA 2016年6月29日キリンチャレンジカップ2016対U-23南アフリカ戦 先発メンバー

<代表監督> 手倉森 誠

<出場選手>

■6月29日/松本平広域公園総合球技場アルウィン
 
日本代表 (3) 4 <中島 翔哉 矢島 慎也 中島 翔哉 浅野 拓磨>
南アフリカ代表 (1) 1 <G.モトゥパ>
日本    
GK 櫛引
DF 亀川(松原) 室屋 植田 中谷
MF 大島(橋本) 矢島(鈴木) 野津田(鈴木) 井手口(原川)
FW 中島 浅野(豊川)
南アフリカ    
GK ジョディー・フェブラリー(ヌコシンギフィル・グメデ)
DF ツェポ・リコツォ(テルシウス・マレペ) リバルド・コッツィーエ アブバカー・モバラ テボゴ・モエラネ モティバ・ムバロ
MF デオリン・メコア ギフト・モトゥパ(ジュダス・モセメディ) マフォサ・モディバ
FW メンジ・マスク(タビソ・クトゥメラ) タペロ・モレナ

*月日/場所
 国名(前半得点)総得点<得点者>
*メンバー(交代メンバー)

過去の試合レポートを見る 過去の試合レポート

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ