[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

0404

DK(ダイニングキッチン)の完ペキ主義者?

衛生管理

キリンの工場見学やキリンシティでは、お客様にビールのおいしさを体験していただく場をご用意しています。キッチンで準備してダイニングルームで飲食すること自体は日常生活と同じ。お客様の“おいしいっ!”という笑顔の時間のために、見えないところまで完ペキに整えるのが、プロならではのサービスです。

ビールとご馳走

おいしい生ビール提供品質五ケ条

  • 鮮度管理
  • 圧力管理
  • ディスペンサーの洗浄
  • グラス洗浄
  • 注ぎ方

キリンシティ店内

キリンシティ厨房

  • クローズアップ1
  • クローズアップ2
  • クローズアップ3

クローズアップ1洗う

サービスを生み出すのは人の心意気と手仕事です。「手洗い」は、衛生管理でとくに大切な基本中の基本。石鹸を十分に泡立てて爪の間など隅々まで時間をかけて洗い、見えない菌を持ち込まないようにしています。

しっかり洗うと言えば、おいしいビールを注ぐビールディスペンサーも同様です。ビールの注ぎ口であるタップはもちろん、内部のビールの通り道が常にきれいな状態を保てるよう、水通し・分解洗浄・スポンジ洗浄などを徹底しています。見えないところにこそ心意気が!

完ペキな手洗い 完ペキなディスペンサー 完ペキなグラス 完ペキな手洗い 完ペキなディスペンサー 完ペキなグラス

このページの先頭に戻る

クローズアップ2食材管理

“3回注ぎ”でご提供する樽生ビールとともに、キリンシティでは厨房で手作りしたお料理をお楽しみいただけます。食材に込められた生産者の想いを大切に、すべての食材で使用期限など品質管理方法を定め、下ごしらえをした食材は使用期限を書いたシールを必ず貼ってから保管します。

冷蔵庫内の食材の置き場所にも区分けがあります。肉や魚は下段に置き、ドリップで他の食材が汚染されないようにしています。もちろん、まな板、包丁、ふきんなどの調理用品も用途別に色分けして使い分けています。

冷蔵庫での食材管理 下ごしらえ済みの食材(このあと加熱しないもの) 野菜など 肉・魚

このページの先頭に戻る

クローズアップ3混入防止

たとえ自分が調理したものでも「異物」の発見はショックです。原因を元から断つために、厨房には持ち込んではいけないものがたくさんあります。

異物の混入防止

厨房だけでなく店舗全体で気をつけていることとして、キリンシティでは使用する輪ゴムはすべて青色に統一しています。食品に合わないギョッとするような色をあえて採用し、万が一の混入を防止しているのです。
納品された野菜が肌色の輪ゴムで束ねられていた場合、その輪ゴムを廃棄するか青色の輪ゴムに付け替えなければ店舗には入れません。事務室でも肌色の輪ゴムは使用禁止です。

肌色の輪ゴムから青い輪ゴムに

ここがポイント!

わかってはいるけど急いでいたのでつい、とか、そこまでやらなくても大丈夫、と手順を抜いてしまうこと、ありますよね。でもそんな一瞬の油断でお客様の大切な時が台無しにならないように、従業員の誰もが、経験やスキルに関わらず、間違いなくサービスに携われるような仕組みが考えられています。

誰もが、間違いなくできるようにする!

マニュアル化

マニュアル

衛生に関わる作業もマニュアル化して、誰もが確実に実施できるようにしています。

見える化

食材を入れたバットに使用期限を表示したシールを貼る

シールで食材の使用期限を表示することで、誰もが期限がわかるし、その場ですぐ判断できます。

忘れない化

チェック表でチェック

抜けもれなくチェックできるように、チェック項目は細かく定めています。

間違えない化

道具の色分け

まな板はもちろん、ふきんも調理器具用、食器用など用途別に使い分けています。色分けすることで一目瞭然!

わかりやす化

写真付きのマニュアル

手を洗う場所には、写真つきで洗い方を掲示し、従業員が正しい手洗いができるようにしています。

そして、ここが肝心、「システムの見守り」です。キリングループの飲食施設でこうしたルールやシステムがきちんと守られているかを品質保証部門の専門監査員が、定期的にチェックしています。さらにキリンシティでは、年に2回、外部の専門機関に委託し、第三者の目からも厳しい監査を受けています。

飲食施設での衛生監査の様子

戸棚のスミまで見逃しません
チェックの様子

クイズ

Q.黒ビールの深いコクと淡色ビールの爽やかな香りが同時に楽しめるハーフ&ハーフ。
さて、泡の色はどうなるでしょう?

  • 1先に注いだビールの泡の色になる
  • 2後から注いだビールの泡の色になる
  • 3中間の色になる

答えを見る

A.1

実は、注ぐ順番で泡の色が異なるのです。先に注いだビールの泡が、次に注いだビールによって持ち上げられるため、先に注いだビールの泡の色になります。たとえば淡色ビールを先に注いで、次に黒ビールを注いだ場合、先に注いだ白い泡になります。キリンシティでは、数種のハーフ&ハーフをご提供していますが、商品によって注ぐ順番を変えています。どのハーフ&ハーフがどちらの順番で注がれたのか、味わいとともに泡の色も楽しんでくださいね。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ