[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

0101

軽い。そして無駄がない。

グランドキリンのプレミアムグラスボトル

グランドキリンに用いられている「プレミアムグラスボトル」は、国内最軽量140グラム※1。一見、黒いボトルのようですが、じつは深い緑色をしています。
「趣味と呼べるビール」のための新しいガラスびんのカタチを追求しました。

グランドキリン

国内最軽量140グラム

330ml ワンウェイびん
素材:ガラス

※1 2015年3月現在。キリンビール調査による
(容量330ml・発泡性カテゴリーにおいて)

プレミアムグラスボトルの断面

  • クローズアップ1
  • クローズアップ2
  • クローズアップ3
【ご注意】
  • ・びんが破損することがあります。びんへの衝撃、カッター等の鋭利なものによる開封、冷凍庫保管、直射日光の当たる車内等高温になる場所での放置を避けてください。
  • ・このページでは、びんの設計がわかりやすいよう、びん断面実物画像を使用しておりますが、危険ですのでびんをカットしたりなさいませんようにお願いいたします。

クローズアップ1広い口径と、こだわりの「玉」

プレミアムグラスボトルの口径は33ミリ。伝統的なガラスびんの形である口部の下の膨らみ、通称「そろばん玉」を残しました。

プレミアムグラスボトルの口径は33ミリ。軽量化に最適なマキシキャップを採用しています。一方で伝統的なガラスびんの形である口部の下の膨らみ、通称「そろばん玉」を残しました。口部の内側に指を沿わせてみてください。内側を凹ませてまで残したかった「そろばん玉」、あるとないとでは「びん」としての風格がなんとなく違ってくるから不思議です。

このページの先頭に戻る

クローズアップ2手に取りやすい高さと径

缶の時代のあたらしいガラスびんは、日光を遮る深い緑色。お店で主流の缶ビール、その500mlの缶と同じ径と高さに揃えました。

「一本で満足できるビール」は、手に取った瞬間にその手ざわりがしっくりとなじんでほしいもの。そして思わず手に取りたくなるところに置いてほしい。お店で主流の缶ビール、その500mlの缶と同じ径と高さに揃えました。缶の時代のあたらしいガラスびんは、日光を遮る深い緑色で、ゆったりとビールを味わう時間に寄り添います。

このページの先頭に戻る

クローズアップ3大きなアールは衝撃の守り

底部の大きくゆるやかなアール(曲線)。この底部がガラスを極限まで薄くした軽量化びんの強度を支えています。

高さを抑えたことですこし太めになったネック、がっしりとした丸い肩、そして底部の大きくゆるやかなアール(曲線)。この底部がガラスを極限まで薄くした軽量化びんの強度を支えています。空になったボトルのおどろくほどの軽やかさが、ゆったりと味わったビールの余韻となりますように。

【ご注意】
  • ・びんが破損することがあります。びんへの衝撃、カッター等の鋭利なものによる開封、冷凍庫保管、直射日光の当たる車内等高温になる場所での放置を避けてください。
  • ・このページでは、びんの設計がわかりやすいよう、びん断面実物画像を使用しておりますが、危険ですのでびんをカットしたりなさいませんようにお願いいたします。

クイズ

Q.グランドキリンのプレミアムグラスボトル(空)とほぼ同じぐらいの重さなのはどれ?

コンビニなどで一般に販売されている
  • 1おにぎり
  • 2あんパン
  • 3Mサイズの卵6個パック

答えを見る

A.2あんパン

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ